「塩まじない」の効果とは?塩まじないの方法や行うと良い日を紹介!

恋愛運や金運、仕事運など悩みがあるときにおまじないをしたくなることがあると思います。さまざまなおまじない方法がありますが、ここでおすすめなのが“塩まじない”です。“塩まじない”はとても簡単にできるのですが、実際にどんな方法なのか、注意点などはあるのかなど知らない人も多いです。

そこで今回は”塩まじない”の正しい方法や注意点、塩まじないを行う日程などについてご紹介します。

ここで正しい“塩まじない”をして運気をアップさせちゃいましょう。

“塩まじない”とは?

“塩まじない”は仕事や恋愛など自分の悩み事に効果があります。ではそもそも“塩まじない”とはなんなのでしょうか。

日本に古くから伝わるおまじない

おまじないや魔術は世界中どこにでもあります。このようなスピリチュアルな力を彼て悩みを解決していくのです。日本でも神社やお寺でお願いをしたり、厄年になったらお祓いをしてもらったりします。

また、普段は料理でお世話になっている塩ですが、日本では身を清めるために相撲の土俵入りのときやお葬式の帰り利用されます。

古来より“塩”は穢れを浄化するものだと信じられてきました。“塩まじない”が普通の書き方とは違う書き方で自分の悩みを書く簡単なやり方で、その悩みを浄化して解決する効果があります。

浄化作用のある塩を使って“塩まじない”をすることで、今まで持っていた悩みを解決することができるのです。

なぜこんなに効果があるのか

では“塩まじない”はなぜこんなに効果があるのでしょうか。どのような願いに一番効果があるのかはその人次第です。長い期間悩みを解決しようと努力しても自分にはどうにもできなかったり、誰にも頼れなくて切羽詰まっているような状況で塩まじないをすると高い効果を発揮します。

効果が高い理由は諸説あります。

  • 悩みを書いて浄化することで悩み自体に秘めたネガティブな感情を浄化できる
  • 塩を封じて燃やすことで否定的な悩みを封じこめることができる
  • 潜在意識を使った解決方法

潜在意識はネガティブな言葉を認識しません。注意していることが良い物でも悪いものでも同じように意識に残ってしまうのです。例えば、白い洋服を着ているときに限って食べ物をこぼしてしまうことはありませんか?「服を汚さない」とネガティブなことを意識することで逆に意識の中に強くのこり服を汚してしまうのです。

おまじないというものは自分の潜在意識の中にある力を発揮させることができるツールなのかもしれません。塩まじないをすることで悩みを潜在意識の中に刻みこんで解決できるように潜在能力を引き出そうとしているのです。

塩まじないが効かない場合は、正しい方法でやらなかったり、「こんなおまじないが効くわけない」と疑っている人がほとんどです。おまじないの力を信じて正しい方法願いましょう。

実際塩まじないをやってみよう

では実際に塩まじないをしてみましょう。家にあるもので簡単にできるため特別に用意するものはありません。ここでは塩まじないの方法をご紹介します。

とっても簡単な塩まじないの方法

用意するものは以下になります。

  • 水に流せるティッシュ(トイレットペーパーなど)
  • ペン
  • 塩(ひとつまみ)
  • マッチやライター

ティッシュではなく白い紙でもいいのですが、最後にトイレに流すためトイレがつまらないようにトイレットペーパーなどがおすすめです。

紙に願い事を書いて、塩を振り、燃やして、灰をトイレに流すといういたってシンプルなやり方です。

この塩まじないは1回だけやるのではなく、願いが叶うまで定期的に行うことで効果がでます。

願い事を書くことのポイント

おまじないが効力を発揮するか否かは書き方で決まってきます。願い事を書くときに普通叶えたいことを書くはずです。しかし、塩まじないの場合は正反対です。

叶えたいことを書くのではなく、自分が直面している悩みや問題を書きましょう。ここを勘違いして塩まじないの効果がないと言う人が多いのです。

もし元彼と復縁したい場合は、「やりなおしたい」と願うのではなく「復縁できない」と書きます。逆に絶縁したい場合は「絶縁できない」と書くのです。

塩まじないが効かないと感じている方はこの書き方で間違えて自分の叶えたいことを書いてしまっていることがほとんどです。おまじないをするときは自分の悩みや問題を書くということに慣れていないと、勘違いしてしまうと思いますが、落ち着いて丁寧に書きましょう。

塩を振るときのポイント

塩を振るときに悩むのが量です。量ですがひとつまみ程度で十分です。また、お祓い用のお清めの塩ではないと効果がでないということはありません。ご家庭にある食用の塩で十分です。

塩は日本で古くから清めるときに使用されるとても申請なものです。あなたの悩みや問題を書いた文字の上に振ることで浄化され効果が発揮されます。

紙を燃やすときのポイント

上に振った塩を包み込むように紙をたたんでいきます。このときに塩がこぼれてしまうと効果がありませんので、こぼさないように注意しましょう。

塩を包んだ紙に火をつけるときはくれぐれも火の扱いに注意しましょう。最初はなかなか火がつきにくいと思うかもしれませんが、燃え始めると紙はあっという間に燃え尽きてしまいます。フライパンやお皿の上など火が落ちないように対策をしてから行いましょう。

また、紙は火が付くと舞い上がる場合があります。燃えやすいもののの近くで行うと火事の危険性がありますので絶対にやめましょう。念のため消化用の水を用意してから火をつけるようにしましょう。

トイレに流すときのポイント

燃え尽きて灰になったらそれをトイレに流します。灰ですが真っ黒になっていなくても大丈夫です。燃えたということが重要ですのでそのままトイレに流しましょう。

燃えないなどなんらかの事情によりティッシュを燃やせない場合は、塩を包んだ状態でトイレに流しても効果はあります。

燃やさない場合はトイレットペーパーなどトイレで流せるものにしましょう。

ここまでが塩まじないの方法です。先ほども言いましたが1回だけやるのではなく効果が出るまで行うようにしましょう。

塩まじないを行う際の注意点

塩まじないはとても効果が高いため、お願い事が漠然としているとかえって不幸になってしまう可能性があります。例えば「お金が無い」と願ってしまうと家族など身近な人が交通事故や不幸にあってしまって保険金が入るということもあります。

この現象は「斜め上現状」と呼ばれており、自分がおこなったおまじないが予想外の方向で叶ってしまうのです。このような不幸が起こるならおまじないの効果が無い方マシです。書き方をしっかりと理解してから行うようにしましょう。

また1回だけ塩まじないをして効果がなかったといってすぐにやめてしまうと効果がないままになってしまいます。おまじないが効かなかったという人のほとんどが1回でやめてしまいます。しかし、願いが叶ったという人の多くは4回目くらいは行っています。一定期間おまじないを続けることで効果が期待できるのです。

そして、おまじないの力は自然の力が関係しています。月の満ち欠けや暦注など要因るため、効果が出るまでどれくらいかかるかは人によって変わってきます。

効果がなかったという人は半信半疑の人が多いです。半信半疑だと集中力が無くなってしまいます。おまじないを行うときはリラックスして集中することが大事です。気持ちをしっかりと落ち着かせてから塩まじないに挑戦しましょう。

塩まじないを行う日程について

おまじないや願掛けはただやるだけではなく、正しく出来ているかや、タイミングがとても大切になります。やり方は先述しましたのでここではまじないを行う日程についてご紹介します。

大安

大安と言えば、何をしても良い縁起の良い日で、七五三や結婚式などのお祝い事は大安に行うところがあります。大安は何をしてもうまくいきますので、塩まじないを行うのにもおすすめの日で、どんな願い事でもおまじないをしてみましょう。

一粒万倍日

この日は時のごとく、一粒が万倍にも増える日とされ、大安と同じくらい縁起が良い日です。

そのため、新しいことを始めるのにぴったりです。また一粒が何倍にも増えるということから金運に良い日です。金運に関係するお願いをおまじないをするのにぴったりな日です。

ただ、注意点もあります。一粒万倍日は大安などと比べてカレンダーの中でも日数が多いです。暦注とも重なりやすく、吉日と重なる場合は効果が倍増するので良いのですが、凶日と重なってしまうと効果が半減してしまいます。

天赦日

天赦日は百神が天に昇って万物の罪を赦す(ゆるす)日という意味があり、暦注の中で最も縁起が良い日です。年間でみても5~6回程度しかないため、この日にやるといいでしょう。大安と同じく何をして許される日ですので、どんどんと新しいことを始めるといいでしょう。

巳の日

財運や芸術を司る神様の弁財天に関係する日です。お金に関係するものを新しくすると運気アップすると言われており、財布を新しくしたり、口座を開設するとお金に恵まれると言われています。

弁財天は白蛇を使いにしていると言われており、白蛇にお願い事をすると財運や金運がアップすると言われています。お金に関することを願うと良いでしょう。

満月

月は満ち欠けを繰り返すものです。その中でも黄色く満ちた満月は金運アップに良いとされています。また欠け始めのスタートになりますので新しい物を始めるのに向いています。

お金に関係するお願いをおまじないすることで効果がアップします。ちなみに満月はどんどん欠けてスリムになっていくところからダイエットをお願いしても良い効果が期待できます。

まとめ

いかがでしたか?今回は塩まじないの方法やポイント、日程についてご紹介していきました。塩まじないはとても効果が高いため、間違った方法でしてしまうとかえって不幸になってしまいます。幸せになるために正しい方法でおまじないをするようにしましょう。

また、もしなかなか効果が出ないなと思ってもそこはおまじないの力を信じてもう少し頑張ってみてください。信じてやり続ければあなたの悩んでいることは解決できるでしょう。

関連記事として

願いが叶うおまじないの方法を知ろう!おまじないをする前にすることは?

強力なおまじないの方法をジャンル別に紹介!おまじないをする前の心がけは?

好きな人に告白されるおまじないとは?どんな方法がある?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする