男性が抱きたい女性の特徴を知ろう!ただ可愛いだけではない?

日本語の場合、不思議なことですが何かを表現する時は少し、直接的ではない言い方をするケースがよくあります。少し話しが変わりますが、世の中には日本に限らず、どの国にでも抱きたい女という対象は存在します。普通の男性であれば、誰にでも身に覚えがある感情のはずです。

さて、その抱きたい女という表現についてですが、もちろん赤ちゃんを抱くような感じでは無いですよね。先ほど触れました日本語の不思議である、その一つが女を抱くという表現です。実際の行動や姿は、抱くという表現から随分かけ離れておりますので、謎は深まるばかりです。

美しい女と抱きたい女の違い

何故に、この際に用いる表現が抱くなのかについては、また別の機会にでも取り上げるとしまして、多くの世の男性たちが抱きたいと思う女とは、具体的にどのような大人の女のことを指すのでしょうか。それほどに魅力のある女とは、果たして見た目の良さだけなのでしょうか。恐らく、答えはノーでしょう。決して見た目が美人だったり、セクシーなスタイルというだけではありません。

その昔、アメリカ合衆国にマリリンモンローという女性のトップスターが存在していました。彼女の歩き方は特徴的で、自然と歩くたびにお尻の部分がプルンプルンと動くことでも有名でした。当時その歩き方をモンローウォークと呼んでいました。魅力的で女らしい仕草やエロチックな美人顔と、グラマー美体を誇る彼女に対して、世の男性が思った気持ちこそ抱きたい女ということです。

男が抱きたいと思う女の特徴

それでは、セックスのシンボルと称されたマリリンモンローこそ、男が抱きたい女の代表と記しましたが、現実的にはどのような女性を思い浮かべますでしょうか。モデル体型で色気もあって顔も肌も綺麗な女の人というのが、一般的な想像だと思いますが、大体その通りで間違いではないと言えます。

女として生まれてきたからには、一度ぐらいは男性を翻弄してメロメロにしたいと思うはずです。この記事では、あらゆる男性が本能の赴くままに抱きたいと思う女性の特徴などについて、ご紹介していきます。ここで、是非そのコツを掴んで男性心理に入り込み、あなたに依存させましょう。

笑顔が素晴らしい女性

正直に申しますと、人間の笑顔は表情の中で最も大事です。その笑顔が素晴らしい女性は、男性の心を和やかにする効果があります。男が抱きたいと思う女の特徴からは、遠いと思われるかも知れませんけど、実は関係あります。もし、ムッとした顔の女を抱きたいと思う男はマニアなだけです。

基本的には、その素晴らしい笑顔の女性を抱くことによって、それとは違う歓喜の笑みにしてみたいという願望が高まるからです。もちろん、エッチだけではなく素晴らしい笑顔を放つ女性に対して、自分だけのための笑顔が欲しくなります。笑顔は魅力を高める最高の武器と言っていいでしょう。

ほのかな香り漂う女性

ほのかに香りが漂う女性を抱きたいと思う男性は、意外と多いです。最も人気に高い香りは石鹸ですが、香水でも女性特有の爽やかな香りのする香水は、男からすれば匂いに誘われるかのような気分になり、抱きたい願望が強まります。女性の中には、香水を付け過ぎる人もいますが逆効果です。

やはり、風に乗ってくるかのような、かすかでほのかな香りこそが、男性自身を刺激するのです。その香りには、品を感じますし、素敵な女性らしさを兼備している人だと感心度も高まります。さりげない色気と、ほのかな香りが合わされば男性は、性的欲求を覚え抱きたくなるのです。

肉付きのある細身の女

昔から、女性雑誌などの表紙を見てもスレンダー体型の女性の姿があります。未だに太った女性が、ファッション雑誌の誌面を飾っているのを見た記憶がありません。世の中の人間の絶対数が求めているものを、提供するのがサービス業界の根幹です。抱きたい女がスリムであることは必然です。

それでも、ただ痩せていれば良いという訳でもありません。あばら骨まで表面化している女性の体を抱きたいとは思わないでしょう。スレンダーでもガリガリではなくて、程よい肉付きのある細身の女性を見かけると、男はムラムラしてきて抱きたいという衝動に駆られるのは自然なことです。

ボディタッチ上手な女

どれほどの時代が流れ、価値観や流行モノが変化しても、モテ女子の必勝テクニックとして、ボディタッチは健在のようです。自然な感じで、さりげなくボディタッチされると、その女性を意識しだして、やがては抱きたい女と思うまでに発展します。この時、わざとらしい動きだと警戒されます。

このボディタッチの頻度が高い女のことを、抱きたくなってしまうのが男の心理というものです。これは、見た目から入って抱きたい女と思うパターンとは異なり、まず意識することから始まります。さりげないボディタッチは、男に抱きたい女だと思わせるスィッチボタンかも知れませんね。

男を知らなさそうな女

生物学的に雄つまり男というものは元来、征服欲が強い生き物とされています。このパターンは、女性自身がセクシーだったり、エロっぽかったりではなく、男そのものを知らなさそうな女に対して、抱きたい女だと思うケースです。自分だけが、この女を知っているという征服欲の典型です。

男という生き物は、天邪鬼的な要素を生まれながらにして、持ち合わせているのかも知れません。例えば、下ネタをゴリゴリでするような女のほうが、抱きやすそうなものをスルーして、恥ずかしいと身を捩じらせている女や、男を知らないような女のほうが抱きたい女の対象になるのです。

男が抱きたくなる術を知る女

実際に、この天性の才能と言いましょうか、その気がなくても男が女を抱きたくなるような術を、本能で熟知しているような女は存在します。この手のタイプの女性は、恋愛心理にも詳しく独自の方法で、男に安心感と快感を与え、男女の付き合いを始める流れに引導します。

まるで、策士のような印象があるかも知れませんが、そうではなくて女の側から男に抱きたいと思わせる作戦と男の心理を上手く活用して、交際にまで発展させられる知恵と能力があるだけです。それでは、自分好みの男をその気にさせる術を、いくつかご紹介させてもらいます。

男がその気になる下着

実は男という生き物は、女性の下着が大好きだという人は非常に多いです。特に昔の日本では、小学生の頃からスカート捲りが流行っていて、女モノの下着を見ることに必死だったぐらいです。そのことを知ってか知らないでか、術を知る女は男がその気になる下着を理解しているのです。

まず女性が可愛いと思う下着は、男がその気にならないモノが殆どです。しかし、術を知る女は違います。何気に新しい下着を購入したけど、似合うか見てと普通に男友達に頼みます。そして、セクシーでエロい黒色の下着姿を披露します。おすすめはラヴィジュールというブランドです。

清潔感と透明感を演出

同姓から見ても、全体的に清潔感を漂わせ、艶やかで透明感のある色気を放ち、綺麗なボディラインの体を誇る美人が現存します。しかも、相手によって言動や言葉を変えたりしないので、誰からも好意を寄せられる女性です。これらの全ては元々の性分なのでしょうか?

答えは半分はそうですが、半分は演出によるものと言えます。それでも、自然な立ち振る舞いが出来る理由は、常日頃から自分磨きを怠らないからです。ですので、手中に入れたい男が見ているだろうタイミングを見計らって、抱きたい女と思わせるアピールを始めるのです。

少し多めの露出がある

女性のファッションで、ロングTシャツにデニムという露出度が殆ど無い服装では、男として抱きたいとは思いにくいものです。それでは、オフショルダーのトップスにミニスカートというファッションなら問題なしかといえば、そうではありません。その格好では、露出狂に近い人種と思われます。

出来れば程よい露出が一番、セックスアピールになると存じます。その点、さすがに術を知る女は長けています。例えば、上は普通のTシャツで下はミニスカートという組み合わせです。少しだけ露出することによって、男が抱きたいという願望と性欲を掻き立てる狙いがあるのです。

行儀が良く礼儀正しい

このパターンは、これまでとは少し異なる観点で見据える必要があります。今までは、エロい下着を見せ付けたり、演出することによって性欲を掻き立てるように計らったりしてきました。しかし、今回の例は男が抱きたくなる術を知る女から、結婚を意識させる存在に成り得る事柄です。

別に、お華や茶道を習えということではなくて、常識的な行動が取れるか否かに掛かっています。例えますと、食事中に肘を付いて食べていないか、口の中に食べ物が入った状態でペチャクチャと喋っていないか確認が必要です。育ちや行儀良さなどが優れていれば抱きたくなります。

小悪魔的な態度を取る

潤んだ瞳をしながら上目遣いで見てきたり、思わせぶりな態度を取ってみたり、もしかして自分のこと好きなのかなと思うと、ドキドキしながらもムラムラしてきます。男が抱きたくなる術を知る女が、最も力を発揮出来る項目が、この小悪魔的な態度を取ることかも知れません。

小悪魔的な女性は、男を迷わせたり翻弄させる天才かもです。ストレートに好意を表現する訳ではなく、柔らかく対応しながら、タイプの男性が現れるまで大人しくしています。タイプの男が出現しても心裏腹で、焦らしテクによって、男は抱きたいという欲求が高まります。

まとめ

今回の記事は、男が抱きたいと思う女の特徴や、男が抱きたくなる術を知る女などについて記述致しました。男が抱きたいと思う女の項目を、見てもらえればお分かりの通りですが、容姿や美体に関することは僅かしか出てきませんでした。ですので、見た目で抱きたいか否かではないという結果です。

おしまいに、一つだけ伝えさせて頂きますが、それでも常に人に見られている意識を持って、自分磨きを日課にしている女性とは年齢を重ねるにつれて、俄然と女の魅力の格差は出ます。そのことが分かってから始めても手遅れですので、これを機に抱かれたいと思われる女磨きを日課にしましょう。

関連記事として

付き合う前にエッチするのはあり?なし?女子の本音と本命になる方法を紹介!

童貞キラーな女性の特徴とは?清楚系ビッチとの違いを知ろう!

酔った勢いでキスしたりセックスしたりする人の特徴と対応方法を紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする