一夜限りの関係から恋に発展することがある?後悔することを知っておこう!

ワンナイトラブという言葉を知っていますか?

付き合ってもいない男女が一夜限りの肉体関係を結ぶことで、特に大人の男女が一度は経験してしまった人もいるかもしれません。

そんなワンナイトラブから恋愛に発展することができるのか?また、一夜限りで終わらせないような方法などをみていきましょう。

一夜限りから恋が始まる?

大人の男女が経験してしまうワンナイトラブは、そもそもどういったタイミングで起こるのでしょうか?また、ワンナイトラブから本気の恋愛に発展する可能性はあるのかをみていきましょう。

苦い経験を幸せな恋愛に変えられれば、むしろ相手に全てをさらけ出しているので、逆に長続きするかもしれませんね。

ワンナイトラブのタイミングとは?

まず一番陥ってしまうシチュエーションはお酒を飲んでいて、酔った勢いでエッチしてしまうパターンではないでしょうか。

酔った勢いというのは心理的に感情に左右され、例えば恋人にフラれてだったり、少しむしゃくしゃしていた時にやけ酒してしまうネガティブパターンと、その場の勢いが楽しくてそのままの勢いで呑んでしまうパターンと大きく分かれて2つあるでしょう。

もしくはその日出会った素敵な人とそのままホテルに。。というのもワンナイトラブの鉄板でしょう。

どちらのパターンを見ても酔った勢いで起こることが多いでしょう。お酒の力を借りれば普段内気な性格だとしても積極的になれて、相手との距離を詰めることができます。

そもそも恋愛になるのか?

一夜限りの相手との関係は充分に恋愛に発展する可能性はあります。

しかし、こういったワンナイトラブの場合でお互いが同じくらい恋に落ちるというのは可能性は決して高いとはいえないのも現実です。

そもそも女性と男性は考え方が違うと言われています。一度、肉体関係を持ってしまうと女性は本気になってしまう一方、男性は恋愛対象でなくても本能的に女性とセックスできる人が多く、女性と男性では温度差が生まれてしまうことがあるでしょう。

しかし、男性の心を掴むようなテクニックだったり、心を許せるような女性に巡り会えれば、そのまま一夜限りで終わる関係にならずにいい関係を続けられる可能性は高いです。

一夜限りの相手と恋愛に発展するには?

間接キス

ワンナイトラブでも男性の心を離さない方法があります。しかしこの方法で大事なことは相手との距離感です。

自分の気持ちに正直にいたいけれど、相手の心に土足で入ることは相手との距離を逆に遠ざけてしまう原因となるでしょう。

ここで女性がするべき相手を本気にさせるポイントをみていきましょう。ワンナイトラブに限らずに気になる男性に対してもこの距離感は大事になるので実践してみてもいいですね。

エッチしたことに触れない

一夜を共にして朝方になり、女性は男性に対して自分は彼と付き合っていると感じる人もいます。

そして男性に身体を許した女性にとって「私たちエッチしたんだから、お互いが同じ気持ちでしょう?」と思うのはもはや女性だけの考えの可能性が高いです。

しかし厳しい言い方かもしれませんが、お互いが同じ気持ちであれば、ワンナイトラブとは呼ばないでしょう。初対面でその場の勢いでエッチしてしまうことだってあるのですから。そういった場合、別れた次の日に「あなたのエッチすごくよかったよ」などのメッセージを送るのは禁物です。

ポイントはできるだけ普通に過ごすこと。そうすれば男性の方が「あれ?あの時のことに触れてこないけど、俺のこと気になってないのかな?」と思い、相手の方から連絡をくれるかもしれません。

エッチのことに触れないけれど、「一緒にいられてよかった」などと他のことに対してのメッセージも男性に対してがっついていないので、重い印象は残らないでしょう。

余裕を見せられる女性になる

男性からしたら一度寝た相手だからといって彼女ヅラされてしまうのは、よほどの好意がない限り重く感じてしまうでしょう。

そんな時は一度冷静になって相手と距離をとってみることも大事です。相手に体を許してしまって女性は相手に心を持っていかれがちですが、それは一次的な気の迷いかもしれません。

今、恋人がいないから甘えられる人が欲しかったかもしれませんし、ただ単に欲求不満でムラムラしていただけかもしれません。自分の今の状況を俯瞰で観て自分を取り戻しましょう。

そのまま相手から何も連絡がなければ終わりですが、冷静になってからお互いがまた会いたいとなれば、ワンナイトラブから始まったとしてもいい関係を築けるかもしれません。

一度きりの関係で動揺するような女性ではありませんと堂々としていましょう。

その場を思いきり楽しむ

その場のノリでエッチしてしまったとしたらお互いの同意がありしたことになりますよね。そうであれば、とことんその場を楽しんでしまいましょう。

最近恋人がいなかったとしたら、思いきり甘えてみるのもいいでしょう。エッチだけでそのまま解散でなければ、二人の時間を満喫して、男性側にエッチ以外の印象をつけることも大事です。そこで「この子可愛いな」と思わせることができれば、恋愛に進展する可能性がぐっと上がるでしょう。

そのうえ、エッチの相性もよければなお良しです。男性に抱かれることで女性ホルモンの分泌も増えて肌艶もよくなるのでせっかくならワンナイトラブであってもなくてもその場を恋人同士のように思いきり楽しみましょう。

それでもダメなら諦めましょう

相手に対してどんなに好意的な態度をとっても、相手が振り向いてくれないのならその関係は忘れて次に行きましょう。

そもそも一夜限りの関係をする人というのは、恋愛に発展したとしても同じことを犯してしまう危険性があるのです。

もし、一途な恋愛をしたいのであれば、お酒の力を借りずに相手を見極めることです。お互いに相手のせいにすることはできないので、その関係を終わらせるためには自分自身がしっかりすることが大切です。

ワンナイトラブで後悔すること

お互いの気持ちが高ぶって一夜を共にしたはずなのに、後になって後悔してしまった人もいるはず。それは女性だけではなく男性にもあり得ることです。その男女問わずその後悔してしまった事とはどんな事なのでしょうか?

お互いに楽しんだ分、自己責任なので相手を責めることもできません。一夜限りでの関係をもつことへのリスクも理解しましょう。

何にしてもお酒の飲み過ぎは判断を誤ってしまいがちなので気をつけましょう。

酔いが冷めたら全然タイプではなかった

よくドラマであるようなエピソードですが、お酒を飲みすぎて次の朝目覚めたら知らない男性が寝てた、ということを経験した人も少なからずいるでしょう。

また素敵な男性だと思って誘いになり、情熱的な一夜を共にして朝起きて隣を見たら、あり得ないぐらいのブサイクが寝ていたなんてことも、人ごとだと笑えるエピソードですが本人からしたら笑えない話ですよね。

それがただのブサイクならまだしも、会社の人や妻子持ちの既婚者なんてことがあれば、お酒を飲んだ勢いでエッチしたことを死ぬほど後悔するでしょう。同じ職場の人であれば、これから毎日顔を合わせると考えるだけでやりずらいですよね。

お酒の勢いは判断を誤ることが多々あるので注意が必要です。

相手の態度が酷い

実は男性より女性の方がワンナイトラブでのリスクは高いかもしれません。男性の中には完全にヤリ目的で女性に近づき紳士のように女性をエスコートして女性をその気にさせる人もいるでしょう。

男性はムラムラする気持ちが抑えられずに女性を誘い、女性はその押しに負けながらもお互いにエッチを楽しみます。その後に女性はそのままのラブラブムードを保とうとしますが、男性はエッチが終わった後は何もなかったかのように冷めてしまうことがあるのです。

ワンナイトラブとわかっていてもその男性の豹変具合に女性は体を許したことに後悔してしまうでしょう。

酔いが冷めて虚しさが残る

ワンナイトラブを終えて、恋人でもない相手と一夜を共にしてしまったことに後悔することもあるでしょう。

ワンナイトラブは日頃の寂しさや孤独感を、一夜だけ埋めてくれる手段にすぎないのです。

その後にうまくいけば恋愛関係となる場合もあるかもしれませんが、寂しさを紛らわすために一夜だけ寝た相手と一生を共にする人はそこまでいないのも現実です。

真剣に恋人や結婚相手を探しているのであれば、ワンナイトラブは卒業して婚活などに専念することをおすすめします。

女性が気をつけなければならないこと

その場だけの割り切った関係をお互いが望んでいるのであればそれはそれで構いません。

しかし、性行為の最中に男性が避妊をしてくれなかったりと、酷い目にあってしまうことも現実にないとは言えません。

女性は特に避妊をしたりと自分の体を守ることを一番に考えなればなりません。

そして女性は男性と二人きりになりということに対して、多少なりとも危機感を持つことも忘れてはなりません。ましてや連絡先も知らないような相手の場合、その後の人生が大きく変わってしまうこともあり得るのです。

妊娠だけでなく、性病のリスクもあるので自分の行動には責任を持ちましょう。

まとめ

付き合う前 手をつなぐ

ワンナイトラブからの恋愛の可能性や恋に発展するためのコツをお伝えしましたがいかがでしたか。中には自分が体験したこともあったかもしれませんね。

ワンナイトラブというのは自分の心のちょっとした寂しさや孤独感があるときに、陥りやすい甘い蜜なのでしょう。しかし、甘い蜜にはリスクがあることも忘れないようにしましょう。

最近では30代になっても独身でいる男性女性が多いので、結婚という枠にとらわれたくない人はむしろそういった割り切った関係を好むかもしれません。

しかし、男性よりも女性の方がワンナイトラブにおいてリスクがあるので、早い段階で違った恋愛の形を求めた方がいいでしょう。

関連記事として

付き合う前にエッチするのはあり?なし?女子の本音と本命になる方法を紹介!

浮気ってどこから?ボーダーラインを紹介!許すことができないのはどこから?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする