長い片思いは成就しにくい?長くなる理由や実った例を紹介!

昔から好きだった人、長い片思いは実るの?と思いますが、実際に一途で長い片思いの末、その恋を実らせた人もいるようです。そもそもどうしてそんなに長い期間告白もしなかったのか、またその長い片思いを実らせるには何か特別な事をしたのか気になりますよね。

今回はそんな「長い片思い」についていろいろな視点からご紹介していきます。今現在長い片思いをしている人もこれから恋をするかも知れない男性や女性も是非参考にしてみて下さい。

長い片思いについて

好きな人が出来たら、その人に思いを募らせ恋心を抱く人は多くいるでしょう。中でも好きになったらすぐに告白する人もいます。しかし、意中の人に対して「今までの関係性が壊れてしまうのではないか」などの恐れからなかなか告白までに至らないパターンも多くあります。

その結果気が付けば好きな思いを抱えたまま長い年月が過ぎてしまったと言う人もいるようです。

告白出来ないいろんな事情がある

好きな気持ちを伝えたくても関係性が壊れてしまう不安で告白出来ない人も多いですが、中には日々の生活が忙しくなってしまい告白するタイミングを逃したり、お互いの生活環境、例えば引っ越しや家の事情などで告白できなかったりするケースもあります。

お互いフリーのままで月日が流れてしまうので、相手の気持ちはもしかしたら好き同士の場合もあります。また、好きな人に恋人ができてしまい、それでも好きで思いを隠し続けている場合もあります。

とても悲しい状況ですが、今までの友達同士の関係を崩して会えなくなるよりも、その人の側に居たいと思う気持ちから告白せずに、長い片思いを続けてしまう場合もあるのです。片思いはその人の事を考えているだけで、気持ちがドキドキして楽しい気持ちになったり、時には落ち込んだりする事もあります。

長い片思いは実るのか?

片思いをしている間はいろんな複雑な気持ちになりますよね。嬉しい事もあれば、悲しくなる事もあります。実際長い片思いをした結果、その恋を実らせることはありえるのでしょうか?

長い片思いは実りにくいと言われている

長い片思いをしている間はお互い友人関係でいる事が多いので、あまりにも長い期間思いを寄せているとどうしても告白しづらくなってしまいます。好意の相手と長く居過ぎた結果、そのままでも居心地が良くなってしまい、その恋を実らせないまま過ごしてしまう事もあるのです。

また男女でもその考えは同じのようですが、女性たちの心理としては男性たちからの告白を待ち続ける傾向にあります。長く待ち続けた結果それ以上の発展が無く、長い片思いは実りにくいとされているのです。

片思いの期間が長すぎる

長い片思いの期間は人によって様々ですが、数か月から1年以上の事を言います。しかし、一年以上を超える片思いは、いろんなリスクや精神的なストレスも伴います。そして、自分では気が付かないかも知れませんが、その人を思う気持ちより恋に恋してしまっている可能性もあるのです。

もしも1年以上片思いが続いている場合は、好きになる相手を間違っている可能性があるのです。もう少し周囲を見渡してみて下さい。他にも出会いはたくさんあるはずです。期間が1年以上と長すぎる片思いは報われない事が多いでしょう。

努力と覚悟で実る事もある!

しかし実りにくいとは言え、恋をしている人自身が覚悟や努力をする事で、長い片思いを実らせる可能性も多くあります。それは告白してしまう事で、フラれてしまうリスクがあるのと、フラれた後はその関係性が終わってしまうかも知れないと言う覚悟が必要です。

しかし、これまでの付き合い方を変えてみたり、恋心を抱かせる接し方で意識させる努力をすればその恋を実らせることは可能なのです。恋愛対象であることを常に意識させる努力が、長い片思いを成就させるポイントとなるのです。

長い片思いをしたまま告白出来ない理由は?

これまで長い片思いについて大まかに見てきましたが、思いを伝える為には告白をして自分の気持ちを相手にわかってもらうしかありません。しかし、告白をしても確実に良い返事がもらえる訳でもありません。それなりの覚悟と勇気が必要です。

でも、告白をしなければ自分やお互いの為にも先に進む事が出来ません。そこで、なぜ今まで告白が出来なかったのかをもう少し詳しく理由を見て行きましょう。

お互いの環境の変化で告白が出来ない

恋愛においてお互いのいろんな環境で気持ちが左右される事があります。「仕事が忙しい」「高校や大学受験」「就職活動中」「家庭の事情」「引っ越し」など様々な環境の変化で、告白したとしても、今の事に集中したかったり、恋愛している時間がなかったりすることが目に見えてわかっているので、告白がなかなか出来ないまま過ごしてしまうのです。

環境が変わると、一から始めて行くことが多くなるので、恋愛どころではなくなってしまうのが現実です。お互いの環境の変化が重なるときは告白を逃してしまうので、いつまでも言えないままになってしまっているのです。

関係が壊れてしまう恐れから告白出来ない

相手も自分に好意があるかもと、確実な言動がわからない限り、今の関係性が壊れてしまうのではないかとの恐れから告白出来ない場合があります。告白しても必ず良い返事がもらえる訳ではありません。

彼氏彼女の関係になれれば良いですが、もしもフラれてしまったら今までの友人関係も終わってしまう恐れがあるのです。中にはその後も友人関係を続けている人もいますが、多くは告白をしてフラれたらその友達関係は終わる事が多いでしょう。

恋愛経験が少ない訳では無いけど、そんなリスクを考えるとどうしても怖くなってしまい、今の友人としての関係であれば楽しく過ごして行けると言う安心感と満足感で、告白する事が出来ないまま長い年月を過ごしてしまうのです。

タイミングを見失い告白出来なかった

告白が出来ない人には同じような共通点があります。それはタイミングです。告白をするにはタイミングがとても重要だとされています。そのタイミングを逃してしまうと、脈アリだった人でも「ごめん」と相手の気持ちが変わってしまい断られてしまう事があるのです。

長い片思いの期間の中でも、この時に告白していればと言うタイミングがあったはずなのに、そのタイミングがどこなのかわからなくなってしまい、告白までに至らないようです。慎重になり過ぎるのも告白の機会を逃してしまう大きな要因の一つでしょう。

長い片思いが実った例

これまで、どうして長い片思いのまま告白出来なかったのかなどを紹介してきましたが、実際にその長い片思いが実った人はいるのでしょうか?長い片思いを経て、結婚にまで至るカップルはけっこう多くいるようです。

どんな経緯でカップルになったのか、いろんな人のエピソードを交えて見て行きましょう。

長い間片思いで、彼氏ができてしまったけど…

バイト先で出会った少しヤンキーっぽく不愛想なタイプの女性。でも、そんな不愛想でも仕事は真面目でいつも頑張っている姿に男性は一目惚れしてしまいました。バイト仲間で遊びに行ったり飲み会に行ったりしていましたが、なかなか二人きりで遊びに行く誘いは出来ませんでした。

そんな思いを寄せ続けて2年くらい経った時、彼女にいつの間にか彼氏ができたのです。ショックで落ち込みつつもその思いは諦め切れず、ずっと彼女を思い続けていました。ある日、その彼女がバイト先で泣いていたので聞いてみたら彼と別れてしまったようなのです。

親身になり相談に乗っているうちに、その女性と二人きりで会う機会が多くなってきました。そのうち彼女が「○○君といると楽しい」と言ってくれたので、「このタイミングを逃したらいけない!」と思い、思い切って告白をしてみたところ、なんと見事にオッケーをもらえ晴れて付き合う事が出来たのです。

恋愛相談に乗っている期間はあまり自分の気持ちを悟られないよう、彼女の話をたくさん聞いてあげたそうです。その後男性の長い片思いを知った彼女は「もっと早く言ってくれれば良かったのに」と言ったそうです。

でも、彼にとってはその時が一番良いタイミングだったのかも知れません。この場合はやはり良いタイミングがその彼に巡ってきたからかも知れません。もし、違うタイミングで告白してしまったら成功していなかったかも知れないのです。長い片思いをしても実る恋はあるのだと勇気がわきますよね。

引越しして離れてしまったけれど…

社会人になり、好意のある友達同士だった男性とよく遊んだりしていましたが、男性が仕事の都合で都内へ引越ししてしまいました。それでも女性はその男性の事が忘れられず、距離が離れていましたが友達として1~2ヶ月に一度のペースで会っていました。

男性は仕事が忙しいようなので、女性はなかなか気持ちを伝える事が出来なかったそうです。そんな状態が続いていたある日、自分の仕事がきっかけで、なんと都内へ移動となったのです。嬉しさのあまり男性にも連絡したら、一緒に喜んでくれました。

しかし、同じ都内で働くようになってから、更に仕事が忙しく、あまり会う事が出来なくなってしまったのです。大好きな気持ちは変わらないので女性の方からメールで「体調は大丈夫?」や「明日も頑張ろう!」など労いの言葉を送り続けていました。

しかし、男性の行動はそんなにわからないし、もしかしたら他に彼女が居るのかもと言う不安から気持ちを素直に伝える事は出来なかったのです。数年経ち、お互い疲れながらもやっと会う事が出来た時、彼が急に「一緒に住まない?」と言ってきたのです。一瞬驚き、嬉しさで舞い上がっていると「いつもメールで癒されてたんだ。これからは側に居て欲しい」と言われたのです。

もちろん彼女は断る理由もなく二つ返事で受け入れました。この場合は彼女がメールで労いの言葉で彼と繋がっていた事で、男性の気持ちを見事にゲットしたのです。陰ながら労らっていた努力が実ったとも言えますよね。

このように長年思い続けている事により、片想いから両想いへと成就される事も多々あります。そしていずれ結婚へと繋がるのです。やはり長い片思いをしている人は、タイミングが一番重要なのかもしれません。

どんな状況でも無理に思いを伝えてしまう事で成功しない場合もあるのです。思い切って告白して覚悟を決めるのも良い事かも知れませんが、長年片思いでいる事により、相手を良く理解したうえでより良いタイミングを見計らった方が成功するのかも知れませんね。

長い片思いをした末の結婚は幸せ?

片思いをして恋愛関係にまでたどり着いたとしてもそれがゴールとは言えません。その先には長い結婚生活が待っているのです。では実際長い片思いをした末に結婚した人たちは幸せなのでしょうか?

思っていた結婚生活と違った

長い片思いをし続け、ようやく結婚にまで辿り着いたものの、いざ結婚生活が始まったら「あれ?なんか違う。」と思い描いていた二人の幸せな結婚生活と違い不満を抱えてしまう人も多いようです。

長い期間思いを寄せ続けた結果、夢のある結婚生活をたくさん想像していたでしょう。そんな夢見ていた期間が長すぎて、現実を見れなくなっていたのかも知れません。いろんなことを知り過ぎたせいでお互いが空気のような存在になってしまい、ありがたみを感じなくなってしまうようです。

また、長い間好きだったことを弱みに、相手との力関係が出来てしまい夫婦になってから対等に意見を言い合えなくなってしまう事もある為、結婚生活に幸せを感じなくなってしまうご夫婦もいます。

強い絆になり素敵な家庭を築ける

幸せな結婚生活を感じられなくなってしまった夫婦とは反対に、長い期間相手の事を思い続け、それがやがて二人の深い絆になるようです。お互いが大切な存在だと言うことを分かり合っているので、とても仲の良い素敵な家庭を築いている人もいます。

片思いの間、相手の事を良くわかっているので阿吽の呼吸で支える事が出来るのです。信頼関係も強くなり、いつまでも一生一緒に生き続けたいと思いが強くなり幸せな日々を過ごして行けるのです。

そんなケースもあるので、正直長い片思いをしたからと言って幸せになれるかどうかはそのご夫婦次第と言う事になりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「長い片思い」をしていてなぜ告白が出来ないのか、また、その片思いは実るのかどうかや、実際に実った人のエピソード、結婚後などをご紹介致しました。やはり、長い片思いをしていた人は、デメリットが多く大きなタイミングを逃してしまったり、臆病になってしまったりしてしまう事が原因で告白をする事が出来ないと言う人が多いようですね。

しかし、そのタイミングは今ではないだけであって、今後ちょうど良いお互いのタイミングが来るのかも知れません。長い片思いだからと言って諦めずに、良いタイミングが来るのを待ってみましょう。その為にも相手の行動、気持ち、感情や状況を良く見据えて行動するようにしてみて下さい。くれぐれもしつこく追い回さないように気を付けて下さいね。この記事をきっかけに素敵な恋愛が出来るよう願っております。

関連記事として

片思いを諦める原因やタイミングで多いのは?逆転の方法はあるの?

片思いを成就させたい!おまじないやラッキーグッズ、おすすめスポットを紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする