シングルマザーの恋愛事情は?婚活方法を知ろう!

年々増加傾向にあるシングルマザー。家事や子供のお世話だけでなく、生活を支えるために仕事もしなければいけないなど、とても忙しい日々を送っています。時には子供の学校の行事に参加する事ができなかったりして子供にさみしい思いをさせてしまう時もあるでしょう。

そんなときに「夫」という存在がいてくれたら…。と感じるシングルマザーも多く、実際に彼氏を真剣に探しているという女性も多いです。一方でシングルマザーとの結婚は「離婚率」も高いため、いくつか注意しなければいけないでしょう。

そこで今回は、「シングルマザーの恋愛」について、注意するべきポイントやおすすめの出会いスポットを紹介していこうと思います。また、シングルマザーとして生きていく時の、就職成功方法も紹介しますので、ぜひ記事を参考にしてみて下さいね。

シングルマザーの恋愛で注意するポイントとは?

たとえ子供がいたとしても、女性は女性です。恋愛だってしたいと思って当然なのです。しかし、シングルマザーの場合は「いくつか恋愛において注意するべき点」がいくつかあります。

まずは、シングルマザーの恋愛で気を付けなければいけない点を「恋愛で失敗してしまった」という女性の意見を参考に紹介していこうと思います。

ポイント①「子供のために恋愛しようとしない」

シングルマザーの女性が、恋愛に踏み切るポイントとしては「子供の父親の代わりの様な存在になってくれる人を探すため」という理由がとても多いですが、これは注意が必要です。もちろん、相手と結婚するとなると家族になるという事なので子供の父親に相応しい人がどうか見極める必要はあります。

しかし、子供のためにと考えすぎてしまい、本当は好きでもないのにパートナーにしてしまうと、2度目の離婚へと進んでしまう可能性が格段に上がってしまいます。また、結婚したとしても夫婦間にトラブルが起きてしまうと、子育てに支障をきたしたり、結婚生活の中で逆に子どもに悪影響を及ぼしてしまうのです。

子どもというのは、父親がいない事よりも母親が自分の元から離れてしまうほうが辛く感じてしまう傾向があります。子供の家族を作ってあげるために恋愛をしているのならば、その結婚や恋愛は、本当に子どものためになっているのかしっかりと考えてみて下さい。

ポイント②「結婚に意識をもっていきすぎない」

シングルマザーは一度結婚を経験しているため、好きな人や気になる人が出来ると、すぐに結婚を意識してしまいがちです。しかし、相手の本当の性格や特徴というのは、長い間付き合ってみないと分からないものです。

子供がいるならば、「結婚」を意識するのは本当に相手が本気で愛してくれているかどうかという事をしっかりと見極める必要があるでしょう。そのため、交際期間が短いのに結婚を意識するのはリスクが高いのです。

他にも、すぐに結婚を意識してしまうと男性側に「重い」と感じられてしまう可能性が高いです。結婚を意識しているような「仕事の収入」「育児に対する気持ち」などをすぐに聞いてしまうと男性は本当に好きになる前に、逃げ出したくなってしまうでしょう。

相手も自分の子供ではない子と一緒に暮らすのですから、責任感と覚悟が必要になってきます。すぐに結婚を急かすような行動は出来るだけ控えましょう。

ポイント③「シングルマザーである事に劣等感を抱かない」

シングルマザーの女性は、子持ちである事や結婚にバツがついている事を負い目に感じてしまい、恋愛に一歩踏み出す事が出来ない人が多いです。これは、母親心理の表れであり、子供がいるというだけで「恋愛対象外なのでは…」と感じてしまうのです。

しかし、子供がいる事や離婚経験がある事に劣等感を抱いて付き合ってしまうと、たとえ恋人関係になったとしても男性側に「弱みを握られている」ように感じてしまい、対等な恋愛をする事が出来ないのです。

たとえ、子連れ再婚だったとしても未婚女性とシングルマザーは何も変わりません。平等であるべきなのです。負い目を感じることなく、堂々としている方が男性側にとっても魅力的な女性に感じますよ。

ポイント④「子育てをしてる事を理解してもらう」

相手が未婚だった場合、子育てをした事がないのですから、「子供がいる人の生活」というのはなかなか分からないものです。きちんと自分自身の生活リズムや事情を説明しておかないと、突然のデートに誘われるといった、子育てに支障をきたしてしまう様な付き合いになる可能性が高いです。

自分の生活の内容や、子供に関する事はしっかりと伝えたうえでの恋愛にするようにして下さい。「相手が好きだから言えない…」と感じたとしても、実際に再婚したり長い付き合いになるのならば理解してくれる相手でないと、すぐに別れてしまいますよ。

シングルマザーの婚活方法とは?

再婚相手を探そうとしても、出会いがなければ相手と恋愛する事すらできませんよね。また、むやみに相手を探してしまうと、良い恋愛が出来なかったり、傷つけられてしまう可能性が高いです。

次に、シングルマザーにおすすめの婚活方法を紹介していこうと思います。

ネットの婚活サイトに登録してみる

子育てや仕事に追われているシングルマザーは、婚活パーティーにいく時間もあまりないですよね。親にあずかってもらうという手もありますが、難しい場合は相手を探す事さえ諦めてしまうでしょう。

そんな時間がないシングルマザーにオススメな方法が、ネットの婚活サイトを利用するという方法です。ネットの婚活サイトならば登録しているだけで、自分にあったタイプの男性や高収入で信頼する事が出来るパートナーを見つけることが出来ます。

大手のサイトならば会員登録数も多く、数ある男性の中から年齢や職業を見て選ぶ事もできるので利用してみて下さいね。

婚活パーティーに参加する

結婚を考えている女性の出会いの場でもある婚活パーティーに参加するという方法です。子供をご両親やママ友に預ける事が出来る場合は、思い切って婚活パーティーに参加してみると、良い出会いがあるかもしれません。

現在ではシングルマザーの女性限定の婚活パーティーもあり、シンママが婚活をしやすい社会になってきています。自分に合った婚活パーティーを探して、積極的に参加してみましょう。

職場で出会いを探す

もしも、職場に男性が多いという場合は職場で出会いを探すのもアリでしょう。仕事場だと自分がシングルマザーである事を知っている人も多く、生活リズムも分かってくれやすいです。また、毎日顔を合わせる事も出来るので、子育ての合間にデートをする必要もありません。

「職場に良い人がいない」と感じてしまうかもしれませんが、恋愛対象として見ていないだけで、意外な人が運命の相手になる可能性だってあるのです。恋愛をしたいと感じている時は、常に周囲にアンテナを張るようにしましょう。

結婚相談所に行ってみる

結婚相談所とは、結婚に悩みを抱えている人に対して結婚までアシストしてくれる機関であり、自分の理想とする相手を見つけ出しやすいです。

一方で、仕事の年収証明が必要であったり、登録金や入会金が高額であるといった難点があります。また、相手側もバツイチであったり結婚する事が出来なくて相談所に尋ねた人も多いため、紹介された時と実際に会った時の印象が全然違うといった問題ももあるようです。

ですが、これは婚活サイトも一緒であり、実際に会ってみたら思ってた人と違うという事はよくあるようなので、ネットじゃ不安だという人は結婚相談所の方が向いているかもしれませんよ。

シンママとして生きていくための就職のポイントは?

シングルマザーとして生きていくと決めたならば、一番重要となってくるのは仕事ですよね。仕事が安定していなければ、子供の人生をサポートしていく事も出来ません。

最後に、シングルマザーが就職する時の、子供の年齢別ポイントを紹介していこうと思います。

子供が『赤ちゃん~幼稚園児』の場合

子供が幼い頃は、シングルマザーの支援がしっかりとしている職場環境かどうか調べるようにしましょう。赤ちゃんの時は産休を貰える場所がベストですが、シングルマザー後にしゅうしょくするならばすぐに産休を貰うのは難しいです。

この場合は、パートやアルバイトといった時間に融通がきく立場で働き、学校へ通うようになってから正社員として働ける職場に変えましょう。

子供は3歳までに人格を形成すると言われています。給料は少なくなってしまうかもしれませんが、出来るだけ子供と一緒にいれる仕事を選ぶようにして下さい。

子供が『小学生~中学生』の場合

小学生はPTAや運動会といった保護者が参加しなければいけない行事が一番多い時期です。また、6年間と長い時期でもあるので「長期的に働く事ができて、給料アップが望める職場」を選ぶようにしましょう。

もしも、キャリアアップが望めるような職場がなかったり、新規雇用条件が難しいという場合は資格取得する事も視野に入れてみて下さい。高校・大学は、最もお金がかかってくる時期ですので、その時までにしっかりと貯金を溜めれるような職場にしましょう。

子供が『中学生以上』の場合

子供が中学生以上の場合は、給料が高く保障制度が充実している職場を選びましょう。高校・大学というのは、子育ての中で最もお金がかかってくる時期です。子供が中学生ならば一人で留守番を任せる事が出来る歳ですので、フルタイム勤務が可能な職場が良いです。

また、もしも就職する事が出来ず生活の保障がない場所で働いている場合は、子供としっかりと家庭の置かれている状況について話し合って進路をきめたり生活基準を考えていく必要があります。

子供に生活の状況を説明せずに、借金を抱えてしまったら、後戻りが出来ずに借金地獄のような生活へと陥ってしまう可能性が高いので注意して下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?シングルマザーの恋愛についてまとめてきました。年々増加傾向にあるシンママですが、再婚相手を探すのはとても難しいようです。一番の悩みとなってしまうのは「子供と良い関係を築いてくれるのか」という事みたいですね。

しかし、シングルマザーといっても一人の女性であり、一人の人間です。人生をより豊かにするためにパートナーを探す事は決して悪い事などではありません。今回の記事を参考にして、素敵なパートナーを見つけ出してくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする