《夢占い》歌う夢の意味とは?誰と歌っているか、どこで歌っているかをチェック!

夢の中で自分が歌を歌っていることは、自己表現や自己顕示欲を表すと言われています。

歌っているときの自分の感情や、歌う場所、誰と歌っているか、どんな歌を歌ったかなどが未来の自分に深く関わってきます。

深層心理が表現することを望んでいるというのが夢占いにおける歌の意味なので、夢の情景を深く探っていくことで未来の姿を読み取ることができるでしょう。

夢の中で歌っているときはどんな気持ち?

どんな夢においてもポイントになるのは、夢を見ているときに伴う感情です。歌っているときに嫌な気持ちだったか、解放的で心地よかったか、ノリノリで歌を楽しんでいたか、などの感情が関わってきます。

普段からカラオケなど、人前で歌うことにコンプレックスを感じている人なら、夢の中で歌うことに恥ずかしさや嫌悪感を伴うかもしれません。

心地よい気持ちだったら、歌うことで平常心を保つという意味になるでしょう。ノリノリで盛り上がった場合は、歌によって自分の気持ちを解放できると考えられます。

歌についての一般的な夢の意味とは、自分を表現することです

  • 周りとコミュニケーションをとって対人関係を良くしたい!
  • 恋愛運を高めて恋人を作りたい!
  • 今抱えているトラブルを回避して状況を変えたい!
  • 目標を実現して可能性を広げたい!

様々な思いが内なる声となって夢に表れてきます。現実の世界でストレスを発散する、楽しさを共有する、コンプレックスを克服して成長することへ繋がっていきます。

無意識に潜む自分からのメッセージで、「もっと歌って自分を表現して成長しよう!」という意味が込められているのです。未来にあるべき自分の姿を伝えてくれているため、歌う夢のとおり現実で実践していくことをオススメします!

歌う場所はアナタが現実で活躍できるところ!

歌っている場所は自分の本当の能力を発揮し、自己実現のために最適な場所を表しています。どんなステージで歌うのが気持ち良いか、どんなシチュエーションで歌うのが楽しいかなど、歌う場所は未来の自分にとって大切な環境を表します。

その場所に込められた意味を知ることで、現実世界での自分の居場所がわかってくるでしょう。夢占いが暗示する未来の自分からのメッセージが伝えられています!

コンサートステージで歌う

一般的なコンサートで使われるステージは、楽しさや場の盛り上がりを表す場所です。夢の中のステージで歌うということは、周囲の人との関係性を表し、どのくらいの人との関わりが自分にとって最適かを表しています。

ステージの規模は人との関係性を表す

コンサートステージは100~1000人程度で、これは現実世界でいえば一般的な企業の中での人数と言えるでしょう。あまりに多すぎる観衆の前で歌う=自分の能力を発揮しようとすると、逆にプレッシャーとなり居場所をなくしてしまうこともあります。

コンサートステージで歌っている自分が楽しかったという感情を持ったなら、100~200人くらいの関係性の中で働くことが自分の真価を発揮できることになります。現実の自分がその環境にいないのに、ステージで歌う夢を見たという場合は、環境を変えた方がよいという暗示かもしれません。

現実も夢も100~1000人という人数が一致しているならば、今いる環境が自分にとって最適といえます。今いる環境で能力が発揮でき、無意識の中で分かっている幸せな自分像を実現できるといえます。

野外ライブで歌う

野外ライブで自分がステージに上がって歌っていたり、観客として参加して歌っている夢。一般的なステージと同じく、現実世界での人との関わりを表していて、その数は1000~100000人ほどです。

現実世界でそれだけ多くの人との繋がりを欲していて、ステージに上がることを目標としている自分がいるという意味になります。

野外ライブは大舞台での活躍の暗示

すでに野外ライブのステージで歌っていて、楽しい感情を伴う夢を見ているなら、大舞台で活躍できる日は近いという暗示です。観客として参加しているなら、将来的に大舞台に立てることを望んでいる、その能力があるという意味です。

歌うことは自分を表現すること、自分の主張を伝えることです。舞台が大きくなればなるほど、関わる人や物、情報の量が多くなっていくでしょう。

教会や小さなホールで歌う

教会や小さなホール、または自宅で歌う夢は、小さい規模ながらも良質な表現で他者に自分を理解してもらうという意味になります。

現実世界で関わる人数は100人くらいと少ないものの、周囲がその音楽を気に行って足を運んでくるほど価値があるということです。

小規模ホールや教会はクオリティの高さ

教会やホールに集まるのは質の高い音楽、高い精神性、荘厳な雰囲気を求める耳の肥えた聴衆です。自分の能力を分かってくれるコアなファンがいる場所こそ、未来のアナタの居場所といえるでしょう。

プロ受けするような仕事、研究、開発、芸術など、細く長く続けながらもしっかりとファンがいる。そういった環境が本当の自分を開花させ、未来の自分につながる場所になります。

音楽ジャンルは自分が伝えたいことのメッセージ

夢の中でどんな歌を歌っていたかも未来の自分を表す重要なメッセージになります。

  • R&B
  • パンク ロック
  • ポップス
  • クラシック
  • レゲエ・ラップ・ジャズ・テクノミュージックその他

音楽ジャンルは多岐にわたります。中にはまったく知らない鼻歌を歌ったり、夢の中だけで存在する歌を口ずさんだりと、歌にも色々なパターンがあるでしょう。

音楽ジャンルはその起源に大きな意味を持ち、夢の中では潜在意識が表現したいことを伝えています。

ポップス

ポップスを歌っていた場合はその歌詞が大きな意味を持ちます。恋愛をテーマにした歌は多く、その歌を気持ちよく歌っていた、ノリノリで歌っていた場合は、恋愛機運の高まりを意味してます。

潜在的に恋することで生命エネルギーを解放し、情熱を持って仕事や学業にあたることができるでしょう。恋愛面でこれから出会いがあることの暗示ともとれます。

恋愛のパワーは幾多の困難も克服でき、好きな相手がいるなら、その人への情熱を傾けることで自分の意識が高まっていきます。

ポップスは歌詞の内容に注目

その他のポップスの歌でも歌詞に注目し、起きてからメモしておくといいでしょう。歌詞に込められた意味を知ることで、潜在意識の中の自分が本当に欲している、今すべきことを知ることができます。

歌詞に込められたテーマによって解釈は様々です。人間関係や孤独、価値観が歌のテーマなら、自分自身がその欲求や願望を叶えたい、叶えるチャンスがあるということを表しています。

パンク・ロック

パンク・ロックの歌を歌っているならストレスを解消すべきときです。情熱が埋もれてしまっている、または何らかの障害によって自分を表現しきれていない場合に歌うことで解放されます。

社会生活の中で常識や理性にとらわれ、本来の自分の姿ではなくなっているとき、パンクやロックが夢に出てきます。現実の生活でネエルギーを解放することで、自分の魅力や能力を発揮することができるというメッセージになります。パンク・ロックは常識を取っ払ったスタイルの象徴です。

R&B・レゲエ

R&B・レゲエを歌う夢は、世に物申し、自分の主張を具体的に表現すべき時を表しています。現実世界の自分の能力を開放する手段は、自分が日ごろ思っている社会への主張です。

現状に対する不満、先天的な運命などをうっぷん晴らしとして何かで伝えてみましょう。それが芸術性を帯びて、聞いた人の耳に入り、評価されていきます。

単なるストレス発散としての表現ではなく、訴えたいことにテーマを持たせて伝えることがポイントです。コミュニケーション能力が上がり、周囲の人はアナタが持っている世界や言葉を理解してくれるでしょう。

それが潜在意識が知っている本来の自分へと導いてくれ、活躍できる環境をもたらしてくれます。

クラシック

クラシックには歌詞はありませんが、メロディーを口ずさんだり鼻歌を歌ったりしている夢を見る事があるでしょう。

夢の意味は長い時間と豊富な経験、知識がアナタの本来の姿を表すということ。クラシックは高い意識を表し、オーケストラの一員になることで自分の真価を発揮できます。

伝統ある組織や、高尚な場所、有能な人などが集う環境に身を置くことで、よりよい人生を歩むことができます。自分自身がそうしたいと望んでいるという夢からのメッセージになります。

どんな人と歌っているかも大きなポイント!

歌っている夢の中で、どんな人と一緒にいるかも大きなポイントになります。親族や仕事仲間、恋人、あるいは見ず知らずの人物など、様々なパターンがあるでしょう。

夢占いにおいて一緒に歌う人は、アナタの表現や主張に賛同してくれ、共に成長してくれる協力者を表しています。

恋人

恋人と一緒に歌っている夢は、相手との関係が良好で、一緒にいることで人生を謳歌できるという意味です。歌うことが自分を表現することですから、そこに恋人が加わっているなら愛情の高まりを表しています。

その人と一緒にいることが自分の成長につながり、結婚や家庭を持つことになるかもしれません。潜在意識が求める恋人は、自分の人生を豊かにしてくれる相手ということになります。

仕事仲間

仕事仲間や友人とカラオケに行って歌う夢を見るときなどは、職場環境や友人との関係が自分に合っていることの表れです。仕事仲間はそのまま職場での対人関係や協調性、コミュニケーションを表しています。

夢の中で歌っているとき、周りの仲間が楽しそうな雰囲気だったり盛り上げてくれているなら、現実の世界でもアナタに賛同してくれる人が多いということです。

これからも職場や学校などで自分を表現する機会が多くなり、そのことで運気もアップしていきます。

上司や親

自分より年齢が上で離れている異性は、経験が豊富な人物を表しています。父親が夢に出てきても、現実世界ではそれが職場の上司を意味していたりします。

自分よりも経験豊富な相手と一緒に歌う夢は、その人が人生を助けてくれる暗示です。

現実世界で表現しきれていない自分を解放するために協力してくれるので、関係性を深めていくと自身の成長につながるでしょう。潜在意識が本当の自分を手助けしてくれる人をすでに伝えてくれているのです。

歌うことを止められてしまった!

夢の中で歌うことがすべて良い意味とは限りません。基本的には自分を表現して能力を発揮する方向へのメッセージですが、そこに妨害する人物が出てきたり、歌声がかすれたりした場合は要注意!

妨げている人はトラブルのもとですから、現実の世界でもあまり関わらない方がいいでしょう。歌声がハッキリしない、感情的に嫌な気持ちで歌っているなら、今の環境が適していないという意味にもなります。

現実の世界でも場所を変えてみると、夢の内容も変化していき、気持ちよく歌えるシーンが夢に出てくるようになります。

まとめ

夢の中で歌うのは自分を表現して能力を発揮したいということです。その時伴う感情が楽しければ、今の自分の言動が他に受け入れられているということです。

場所や歌のジャンルは大きな意味を持つので、起きてからメモして調べてみるとよいでしょう。潜在意識が「本当の自分になるために伝えるべきこと」を歌として表現しています。

そのメッセージを受け取り、現実世界で生かすことで大きく成長することができるでしょう。夢の中には、現実の中で生かすべきサインがたくさん隠されています!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする