変わった趣味を持つメリットって何?資格の助けになる場合もある?

あなたには、何か趣味はありますか?それは映画鑑賞や読書、テニスや料理といった一般的な趣味ですか?それとも変わった趣味ですか?

実は世の中には、一般的にはあまり聞いたことのないようなマイナーな趣味を持つ人達がいます。アウトドア系、インドア派などに関係なく、彼らは自分の興味の赴くことを趣味としています。また、そんな変わった趣味を持つ人達は、同じ趣味を持つもの同士とても固い絆があったり、つながりを持っていたりします。そしてそこからさまざまな方面へ人脈ができることがあります。

ここではおすすめの変わった趣味を紹介します。あなたも変わった趣味を極めてみませんか?

変わった趣味を持つことのメリット

あまり聞いたことのない趣味を持つことのメリットはなにかあるのでしょうか?

一般的に言えることは、一般的な趣味を持つことよりも、知らない人が多い趣味を持つほうが、話題には事欠きません。会社や学校、合コンや同窓会など、色々な集まりで、共通の話題として趣味がよく取り上げられますが、変わった趣味を持っていると、「変わった趣味だね」とか、「そんな趣味もってたんだ!」などと色々なひとから興味を持たれることでしょう。

そのように興味を持たれることで、コミュニケーションも広がり、今後の人脈へとつながる人もいるようです。また、変わった趣味を持つもの同士のコミュニティもあり、職業や立場を超えて深い友人となれる可能性があります。

変わった趣味を紹介!

では、実際に変わった趣味と言われるようなものはどのようなものがあるのでしょうか?

フリコピ

最近はテレビなどをきっかけにして、フリコピをする人も多くなってきてはいますが、やはりまだオタクの域にある変わった趣味でしょう。「フリコピ」は、男性、女性問わず、また子供から大人まで楽しめる趣味で、人気のアイドルやアーティストなどのPVを完全にコピーして踊ることを指します。

完コピなので、自分的にもアイドルやアーティストになった気分で踊ることができます。お金もかからず、全くの初心者でも気軽に一人で始めることができて、人によっては、仲間で集まってステージを作り、観客を呼び、パフォーマンスをすることもあるようです。終わった後は達成感で満たされるといわれます。恥ずかしいという気持ちは捨てて、思い切りよく踊ることが楽しむコツのようです。

寝台特急マニア

電車好きに限らず、飛行機でいくような遠距離の旅でも、寝台特急でゆっくりと行くことが好きな人は割と多くいるのではないでしょうか?これを趣味の域にまで高めている人は、寝て過ごすようなことはしません。

寝台特急マニアは、寝台特急でしか味わえない食事や車窓からの風景、そして部屋など、寝台特急の魅力のすべてを知り尽くし、そこで体験することのできるすべてを堪能します。マニアの域に達すると、日本だけではなく、ヨーロッパなど、海外の寝台特急まで制覇しようとしているようです。

建築マニア

建築マニアは、建築学科などを専攻していた大学生のほか、古い建物や高層ビル、施設など、建物自体が好きな人が多いようです。建築であれば、勉強のためだけではなく、興味が沸いた建物をすべて知りたいと思うようです。工場やビルなどの建物から、城や廃墟などの歴史的な建物や、ダムなどの建造物も気になり、国内外を回ってひたすら建築物を見て回る人もいるようです。

このような趣味を持つ人は、歴史に興味がある人も多くいるようです。あなたがもし、いまいち建築の知識や興味が無くても、建築マニアと一緒に見て回ることで、歴史とともに、意外な建築の話も聞けて、知識が増えるのではないでしょうか?

ラブホテルマニア

最近のラブホテルは、女子会やパーティなどでも使用されるほど、オープンな場所になっているところもあるようです。普通のホテルでは見ることのできない派手な装飾や独特の雰囲気は、来たことのある人、ない人にもウケるようです。最近では、海外からの観光客のホテルとして営業しているところも出てきています。

また地域色やこのホテルならではという特色を出しているラブホテルもあるようで、恋人同士でなくても、ラブホテル巡りが楽しめるといわれています。

地図・地形マニア

最近女性の間でひそかに人気を集めているといわれているのが、地図マニアや地形マニアです。

地図マニアは、古地図を持ちながら、普段歩いている道路や歩道が、昔はため池や何かの跡地であったことを想像しながら街を歩くそうです。自分の生まれるはるか昔に思いをはせながら歩くと、普段の会社や家への道のりも楽しくなりそうですね。

また地形から歴史などを推測してその趣に思いをはせるということをする地形マニアもいます。

靴づくり

おしゃれに敏感な人達の間では、自分の好みの靴を作ることが流行っています。一般に市販されている靴では飽き足らず、自分で趣味として靴づくりを始める人も多いようです。

靴づくりは、木型を作ることから始まって、全体のフォルムやデザイン、素材選びなど、大変なことも多いようですが、思い通りの靴ができることで、感動や達成感、満足感もある大人の趣味になるようです。

篆刻(てんこく)

あまりきいたことのない人も多いと思いますが、篆刻(てんこく)とは、木や石などに印をほることを指します。篆刻(てんこく)ができれば、自分の思い通りのハンコを作ることもできるので、デザイン性に富んだ芸術性の高いハンコなど、世界に一つだけの自分のハンコができます。

献血

献血を趣味にしているひとがいるようです。社会貢献的な要素のある献血ですが、趣味とすることで、できるだけ良い血を作って献血しようという気持ちになるようです。

写経

心を落ち着かせ、一字一句丁寧に書き写すという作業は、集中力を必要とするので、日常の雑念や邪念を払しょくし、精神をリセットすることができるといわれています。またお寺という日常とはかけ離れた場所で行うこともあり、日常を忘れることができるのもよいのでしょう。

また写経は、字の練習にもよいと言われていて、子供からお年寄りまで、きちんと書き写すことで字を書くコツのようなものを習得できるといわれています。そして完成した写経は、お寺に奉納することで、亡くなった方の供養にもなるようですので、普段お墓参りなどができない人は、是非一度試してみるのもよいかもしれません。

温泉地巡り

日本には全国各地に温泉があります。そんな温泉地をめぐる趣味を持つ人がいるようです。温泉地めぐりの趣味を持つメリットとしては、温泉のもつさまざまな効能もありますが、各地の名産品や美味しいもの、その地でしか見ることのできない風景などもあります。

そのため、このような温泉地めぐりの趣味は女性に多く、一人で全国各地を巡っているという人も多くいるようです。趣味を極めていたら、結果的に美肌になったという人もいるので、女性にはメリットの多い趣味ですね。

唎酒(ききざけ)

お酒好きの人にはたまらない趣味の唎酒(ききざけ)は、ただお酒を飲むだけではなく、その原材料や製法、保存法や美味しい飲み方など、さまざまな角度から、お酒について学ぶことができます。また、唎酒師(ききざけし)という資格を持つことまで極めれば、その知識から、飲食店や日常生活でも頼りにされることの多い資格なので、収入アップにもつながります。

速読

速読は、自分の勉強やスキルアップのために習得する人が多いものですが、趣味にしている人もいるようです。速読は、単に本を早く読むことができるだけでなく、読解力も早くなり、そこからさらに先を読む力がつくようです。速読を趣味とすることで、さまざまな場面で活躍することができそうです。

ソロキャンプ

ソロキャンプという言葉は、あまり聞きなれないかもしれませんが、一人でキャンプをすることを指します。キャンプは大勢で行くものと思っている人が多いようですが、ソロキャンプは、大勢では気を遣ってできないことが、一人ならできるということで、最近では男女ともに人気を集めています。

普段の生活で一人になることができない人や自然の中で一人になって精神的にクリアになりたいと思っている人が多いようです。忙しい日常から離れ、自然の中でゆったと過ごすことができるソロキャンプは、一人の充実した時間を持つことのできる貴重な機会のようです。

けん玉

昭和のころには、多くの人が趣味にしていたけん玉ですが、今はあまり見かけなくなりました。そのため今では珍しい趣味の一つになっています。しかし最近になって、けん玉は、集中力やバランス力を養うスポーツとしても新たに注目され始めています。

また高齢になって、けん玉をすることで、脳の活性化によいと言われるようになり、健康の観点からも注目され始めています。また海外などでは、今もけん玉人気は衰えていないようです。各地でけん玉の世界大会なども開かれています。日本ではけん玉協会が主宰するけん玉の資格認定もあります。

変わった趣味の助けになる資格

変わった趣味の助けになる資格があることを知っていますか?

花ソムリエ

花ソムリエという資格があるのを知っていますか?花検と言われる切り花の基礎知識を習得すると花ソムリエという資格がもらえます。

日ごろから花が好きという人や、誰かのために花を選びたいという人など、さまざまな理由からこの資格を受ける人がいるようですが、花ソムリエという言葉の響きもよいですね。資格が就職に有利と思う人達が多い中、就活には使えないけど、持っておきたいと思う人が多いようです。

温泉ソムリエ

温泉巡りを趣味とするなら、温泉ソムリエの資格があると、より楽しめるかもしれません。温泉ソムリエは、半日から1日程度で取得することのできる資格なので、休日を使って気軽に受けることができます。

また、この資格を持っていることで、温泉地をより楽しむことができますし、友人たちと温泉旅行に行くときも自慢できるかもしれません。

コーヒーインストラクター検定

コーヒー好きなら、コーヒーインストラクター検定を受けてみるのもよいかもしれません。コーヒーについての深い知識を付け、さらに産地や焙煎方法などを知ることで、よりコーヒーを美味しく味わうことができます。

また、キャンプなどでも、朝こだわりのコーヒーを入れることでより充実したキャンプをすることができるかもしれません。

唎酒師(ききざけし)

唎酒師(ききざけし)は、日本酒の知識や美味しく飲むために必要なコツや方法、日本酒と合う料理などをアドバイスすることのできる資格です。お酒が好きな人にはうってつけの資格でしょう。

最近の日本酒ブームから、男女問わず人気が出てきていますが、この資格は、単にお酒を飲むだけでなく、その背景にある歴史や日本の文化なども知ることができるので、一般には知られていない、日本酒の奥深さを知ることができます。

けん玉検定

今は珍しい趣味の一つとなっているけん玉ですが、子供の遊びと思ってはいけないようです。けん玉は、今では世界で通用する趣味の一つとなっています。そのため、海外では、けん玉の世界大会や高額なけん玉なども販売されているほど人気のようです。

日本では、けん玉協会があり、その認定資格も色々とあります。けん玉は、単純な動作のはずが、なかなかできなくて、一心不乱に練習してしまいますよね。より高度な技を習得するには、色々なコツがあるようですが、できるとみんなに自慢できるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?変わった趣味が色々ありましたが、あなたが気になる変わった趣味はありましたか?

他人から見たら変わった趣味でも、本人からしたら、自然な流れで趣味になったというものが多いようです。また人と違うことを趣味にすることで、ほかの人よりもより多くの経験ができ、周囲に自慢できるかもしれません。

また変わった趣味がきっかけで今よりも人脈が広がり、より楽しい人生を送れるかもしれませんし、将来の仕事や収入に大きく関係してくるかもしれません。あなたも変わった趣味を楽しんでみませんか?

関連記事として

趣味がない男性の特徴とは?女性ウケする趣味を知ろう!

趣味を通じて出会いがあると良いことは?どんな趣味が出会えるかを知ろう!

アウトドアを趣味にしてみたい人必見!始めやすいのは?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする