職場恋愛でのきっかけ8選!どの様にアピールするのがよい?

みなさんは、職場での恋愛に興味はありますか?漫画家やドラマなど、数多くの作品で題材として扱われている職場恋愛。

ロマンチックで夢のあるシチュエーション。一度と言わず、何度憧れても良いのではないでしょうか。同じ職場に所属しているという時点でもう既に出会いがあり、誰もが職場恋愛のスタートラインに立っています。

今回は、職場恋愛に一歩踏み出すきっかけになる参考記事をお届けしたいと思います!

職場恋愛の実情とは?

「社内恋愛と書いて、オフィスラブと読む。」

職場は家ではありませんが、一つ屋根の下であることに変わりはありません。家族なのか、仲間なのか。生活なのか、仕事なのか。いくつか違いはありませんが、自分以外の他人と長い時間を過ごすことになる空間であると言えるでしょう。

そして職場でカップルが誕生すること自体はそう珍しいことではなく、別に浮気や不倫などと違ってやましいものではありません。

しかし、職場で交際している男女の存在を、周囲が素直に祝福してくれるかどうかはまた別の話かもしれません。

職場恋愛に向いている人・向いていない人

筆者は、職場での恋愛はオープンにすべきではないと考えております。

職場は本来恋愛をするためにではなく、仕事をするために集まっている場所です。

だからこそそこにロマンを見出してしまうのかもしれませんが、ひとりの立派な社会人として「振られたので辞めます」「恋人とケンカしたので休みます」は通用しません。

周りの信頼を失わないためにも、職場恋愛は踏み切るのに勇気が必要でより慎重になるはずです。

それに職場に限らず同じコミュニティの中にカップルがいると、やはり周りは気を遣います。

周りに何の影響も出さないなら全然問題ありません。しかし、口を利かない、そっけない態度を取る。このように人間関係を悪化させるような振る舞いをしていては、仕事に支障をきたしてしまいます。

仕事まで恋愛を基準にしていたら、周囲はドン引き間違いなし。見かねた上司や仕事仲間に注意されるなんて、社会人としてもってのほかです。

一時の感情で信頼を失うようなことをする。これって物凄く勿体無くありませんか?

さらに言うと、人間は余計な一言を付け加えたがる生き物だと思います。特に自分の中で最高に上手くいっていることほど、つい言いたくなってしまう傾向にあるのではないかと。

どうしても匂わせたくなってしまうタイプの人も、職場での恋愛にはあまり向いていないのではないかと思います。

職場恋愛で失敗しないために

よく女性は噂話が好きだと言われますが、なんだかんだ男性も結構噂好きな一面があると思います。

人はみな噂好き。少しでも周りに共有したくなるような「おっ?」という出来事があっても、目と耳を疑うような「えっ?」という出来事があっても、あっという間に広まります。ある意味風邪やインフルエンザよりすごい勢いで広まります。

自分のためにも相手のためにも、言いふらされて困ることはしない。そして舞い上がる気持ちを抑えて、公私混同せずに節度を持った付き合いができるか。

たとえ巷に溢れるモテテクを駆使して付き合えることになったとしても、ひとりの社会人としての基盤がガタガタだと、99.9%の確率ですぐにボロが出るはずです。

仕事と相手に誠実に向き合った上で、忍ぶ恋を貫き通す。この部分をきっちり押さえてから、職場恋愛のきっかけ探しを始めましょう!

職場恋愛のきっかけ6選

職場恋愛の何たるかについて長々と語ってしまいましたが、みなさんお待ちかねの今回の記事の本題です。ここからは、職場恋愛のきっかけになり得るものを6つほどご紹介させていただきたいと思います。

見た目と中身。人を好きになれるチャンスは、こんなにたくさんあるんだなと改めて思いました。

単純に見た目が好みだった

顔が好き。スタイルが好き。スーツや制服、作業着など仕事モードの時ならではの服装がとてもよく似合っている。姿形が本当にストライク!そんな文字通り相手に見惚れたパターンですね。

見た目だけではなく、声や仕草が好きというケースもあり得るのではないかと思います。

共通の趣味を通して

食事やお酒を楽しみながら、仕事の悩み相談ができる。休みの日は、フェスやイベントに一緒に行ける。

「最早これってデートなのでは?」そう思えるくらい密接な距離になって、やっと初めて恋心に気づくというパターンもあるのかもしれません。

会社の中でも外でも行動を共にできていて、興味を持つものがお互いにかなり似ている。これってかなり脈アリな方だと思います。片思いが両思いになる瞬間が訪れるといいですね。

飲み会の時に

飲み会だと、普段あまりお話しする機会がない人と隣になったというシチュエーションが結構あると思います。男子同士や女子同士など、よっぽどいつものメンバーだけで固まっていない限りは。

しかもお酒が入っている状態なので、相手の人となりどころか意外な一面を知れるチャンスでもあります。

これをきっかけに一気に仲良くなれる可能性は十分あると思います。

同じ仕事を一緒に担当した時に

やはり仕事をする上で最強の共通の話題になるのは、同じ仕事をふたりで一緒に乗り切った時のエピソードではないでしょうか?

いくら完璧にこなそうと思っていても、実際なかなかうまくいかないのが仕事というもの。その仕事の難しさにふたりで立ち向かったという経験は、いい思い出としてお互いの心に残るはず。

「あの時こんなことが大変だったよね」「でもふたりで頑張ったよね」など、お互いを労うことができて親近感がわく対象になれると思います。

相手にしてもらって嬉しかったことや頼もしかった部分などを伝える時にも、きちんとした根拠が伴うのもメリットではないでしょうか。

仕事ぶりがわかれば、相手がどんな人間なのか大体わかるはず。これは職場恋愛ならではのメリットだと思います。

お付き合いや結婚などのポジティブなイメージが描けたら、恋として一気に気持ちが加速し始めることでしょう。

相手の気遣いを感じられる一瞬

会社の電話の取次ぎや、業務の引き継ぎで残されていたふせん。そこにさりげなく頑張ってくださいねなどのメッセージや、かわいい絵が描かれていた。

疲れが溜まってきた時に、お菓子をくれたりコーヒーを買ってきてくれたり。

つらい時ほど、たとえ何気ないものでも、相手が自分に向けてくれる優しさに癒される時があると思います。

自分だって大変なのに、それでも一緒に働く仲間のことを気遣える。そんな人って、とても素敵ですよね。

バレンタインデー

この場合、アプローチするのは主に女性側だと思います。もしかするとバレンタインデーにチョコが欲しいとおねだりしちゃう小悪魔系の男性もいるのかもしれませんが。

男性の心理としては、よっぽど好みじゃない女性からでなければ、好意を向けられて嫌な気分になることはあまりないと思います。

バレンタインデーにチョコを渡されたのがきっかけで、相手の女性のことがなんだか異性として気になり始める。そんな可能性もあるのではないでしょうか。

ホワイトデーにお返しとして何をプレゼントするか。彼女は何だったら喜んで受け取ってくれるのかをリサーチしているうちに、今まで気づいていなかった彼女の魅力に気づいたというのも期待できるかもしれませんね。

職場でのアピール方法

きっかけができていよいよ恋に発展したら、今度はこちらの気持ちにいかにして気づいてもらうか。

舞い上がる感情を抑えて、相手の状況をしっかり配慮しながらアプローチしていきましょう。

どんな時が狙い目?

やはりランチや一服している時など、作業の手が止まる時間がベストだと思います。仕事である以上、相手が作業している時を避けるのは、必要最低限のマナーかと。

もっとタイミングを絞り込めるようであれば、相手がひとりでいる時を狙うと良いでしょう。

サインに気づくのは、意中の相手だけで良いのです。近くにいる同僚がふたりの関係を何となく察して援護してくれる可能性もありますが、それが裏目に出る可能性もあります。それに…ふたりだけの方が周りの目を気にせず、落ち着いてお話しができるのではないでしょうか?

まずは「今話しかけても大丈夫?」の一言から始めてみましょう。

告白するという時も見つかったらゲームオーバーぐらいの気持ちで、なるべく職場ではない場所を選んだ方がいいと思います。

逆に避けるべきなのは…

会社員の方であれば、社内メールで業務外のやり取りをするのもあまりおすすめしません。

何故かというと、社内メールはたとえやり取りする相手を自分たちふたりだけにしていても、近くの席の人や後ろから近付いてきた人に画面を見られてしまう可能性があるからです。

パソコンに限らずスマホなども、画面を見ようと思っていなくても意外と目に入ってしまうものです。見られても問題ない内容ならまだセーフかもしれませんが…。

他にも会社のパソコンでしかメールを確認できないというデメリットや、宛先を間違って誤送信する可能性も考えられます。

わざわざ社内メールを連絡手段として選ぶなら、思い切って連絡先を聞いてみて、LINEなどプライベートで使える連絡手段にしてみてはいかがでしょうか?

その方がいつでも気軽に連絡を取り合えて、よりお互いの距離が縮まると思いますよ。

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?

筆者自身への特大ブーメランにもなりますが、社会人としての基本がなっていない人は職場恋愛が成就する可能性は限りなくゼロに近いと思います。

なんだかんだ仕事は頑張らないよりも、頑張っていた方が得をする場面が多いものです。

働かざる者、食うべからず。働かざる者、恋するべからず。

まずは普段のお仕事を自分なりに一生懸命頑張ることが、チャンスに辿り着くための近道になるはず!

他にも上司や先輩などが社内恋愛経験者で、そこから結婚に発展したというパターンもあると思います。馴れ初めについて、失礼にならない範囲で本人や周りに聞いてみるのも有効な手段かもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする