合コンに初めて参加する前にチェックしておく事を紹介!モテる方法と注意点は?

初めて合コンに行くことになって楽しみだけど不安という女性も多いのではないでしょうか。合コンで彼氏をゲットしたいと考えている人は合コンでできるだけ失敗しないようにしないとと思うでしょう。

では合コンで成功するためにはどのような点に気をつけるべきなのでしょうか。今回は初めての合コンで成功する方法を参加前や参加中、合コン終わりでの3つにわけてご紹介していきます。

合コンで彼氏を絶対にゲットしたいという人は参考にしてみてください。

合コンに参加する前にチェックしておきたい6項目

初めて合コンを行うときは事前準備がとても大切になります。メンバー選びや当日の服装など色々と気になることがあります。

まずは合コンに参加する前にチェックしておきたい項目についてご紹介します。

服装はシンプルなものを着る事

合コンに参加するならスカートが必須です。普段ならパンツスタイルでもいいのですが、合コンならより女性らしく見えるスカートを選ぶのが常識です。

パンツだと男性からガードが固そうだと思われるかもしれません。

長さはミニスカートやロングスカートではなく、膝丈ぐらいの長さがベストです。あまりにも短いと派手だと思われたり、長いすぎても暗いと思われてしまう可能性があります。

色もビビッドなものはなるべく避けて、パステルカラーや白がベストでしょう。濃い色の服は性格がきつそうに見えたり、派手に見られたりします。淡い色の服でより上品で優しい印象を持ってもらう

また少し透け感のある服や体のラインが出る服は女性らしさがでますのでおすすめです。

慎重にメンバーを選びましょう

もしあなたが合コンのメンバー選びを頼まれた場合、慎重にメンバーを選んでいきましょう。美女ばかり揃えるのもダメなのですが、逆に1人も可愛い子がいないと盛り上がりません。

合コンの人数にもよりますが、盛り上げ担当が1人、ヴィジュアル担当が1から2人、気配り担当が1人が理想的です。

ちなみに合コンは男女がお互いのことをしっかり知る場ですので、4人以下がいいでしょう。

また、幹事が一番かわいいと男性が他の女性に興味を示さなくなってしまいますので、これも避けましょう。これを「幹事MAX」の法則といいます。

もし「今回は良い出会いが無かったな」となっても「あの子に合コンをセッティングしてもらえばかわいい子と出会える」とい噂が広まりますので、辛いかもしれませんがヴィジュアル担当もちゃんと連れていきましょう。

事前の情報収集をちゃんとすること

合コンはいわば戦争です。相手の情報を事前に知っておけば知っておくほど有利になります。男性側の職業やお店選び、年齢、メンバー構成など全ての情報が合コンの結果を左右します。

今日合コンに参加する相手がどんな人なのかを事前に女性陣で共有してどうするか対策を練りましょう。

話題が尽きたときのためにネタを用意すること

どんなに会話が盛り上がったとしても、初対面だとしーんと静かにあることがあります。そんなときのためにいくつかネタを用意しておきましょう。

もちろんメンバーの中には触れてはいけない話題がある人もいますので、女性の間でどの話題がいいかしっかり相談をしておきましょう。

過剰な期待をしない

合コンでは過度な期待は厳禁です。初めての合コンで素敵な人との出会いを期待してはしゃぐ気持ちもわかるのですが、現実は甘くありません。大手企業に勤めているエリートでも合コンでは1人の男性で合コンでははしゃぎます。

期待しすぎて合コンに挑むとそのような人たちに幻滅する可能性があります。バリバリ会社で働いている大人な男性をイメージするかもしれませんが、会社と合コンは別物。男性のテンションが高くてもあたりまえですし、他にいいところがたくさんあるはずです。

第一印象がだめだから恋愛対象外と判断しないで、中身もしっかり見るようにしましょう。実際に男性と会って自分の理想とは違っても顔には出さないようにしましょう。

下ネタへの返しを考える

合コンではお酒を飲むもの。お酒が進んで盛り上がってくると、男性陣はノリで下ネタを言うことがあります。合コンでよく見られる光景なのですが、この返し方次第であなたの好感度が上がるか下がるか決まるでしょう。

仲良くなろうと男性と一緒に下ネタで盛り上がると、彼女候補としては外されます。男性が求める理想は女性らしい女性であり、芸人のように面白くて場を盛り上げる女性ではありません。

ただし、下ネタに対してあきらかに嫌そうな顔をしたり、困ったようなそぶりをする女性も男性にとっては扱いづらいです。そのため下ネタに積極的に参加はしないようにしつつ、笑ってやり過ごすくらいがいいでしょう。

初めての合コンでモテるポイント

合コンが始まったらトークや立ち振る舞いなどすべてが大切になります。そこで今回は合コン中に大切な11のポイントをご紹介します。

自己紹介で周りを惹きつけること

自己紹介は合コンで最も重要なポイントです。短すぎても長すぎてもだめな自己紹介では出身地や職業、趣味などを離してみんなが盛り上がれるようなポイントを提供することが大切です。

ただし、やったこともないことを趣味として話すとぼろがでますので要注意です。料理やスポーツ、旅行など自分の趣味や得意なことを自己紹介でそれとなく混ぜ込むことで、注目度があがるかもしれません。

逆に自己紹介が盛り上がりすぎても自分の次に自己紹介をする友達がしづらくなりますから、友達のこともしっかりと気を使って上手に話を繋げることで、「友達への気遣いもできる人」だと思ってもらえるでしょう。

また、初めてなら初めてで緊張しているということを伝えることで、男性も優しくしてくれると思いますし、初々しさをアピールすることができます。

聞き上手をアピールする

どんな人でも相手の話をずっと聞き続けるより、自分の話を聞いてもらったほうが嬉しいものです。特に相手が男性の場合、自分に自信を持っていればいるほど話をしたいものですので、男性の話を聞いてリアクションしましょう。

話している相手の目をしっかりと見て話しを聞くことは、初めてで緊張している人でも簡単にすることができます。

優しさと気配りを見せること

トーク力があるかないかは人それぞれです。「面白い話をしないと」と焦る必要はありません。むしろ優しさや気配りを見せることで、少しずつ好感度を上げることができます。異性だけでなく友人同士にも気配りや優しさを見せることで、男性からのポイントが上がるでしょう。

最初から100点を狙わないで少しずつポイントを挙げて存在感を見せつけましょう。

あくまでも自然体でいること

合コンに参加するとなって気合を入れてばっちりとおしゃれやメイクをして参加してくる人がいますが、実はこれはNGです。清潔感のある服装なら、合コンで気合を入れたおしゃれはいりません。

張り切りすぎたり、高価なアクセサリーをじゃらじゃらつけるのは見る人からみると、必死さや悲壮感が伝わりますので気をつけましょう。

トークでも明らかに笑いを取りに行こうとしたり、男性を落とそうというスタイルはドン引きされやすいです。あくまでも自然体で、少し緊張しているなら「初対面の人と話すのが苦手」だと正直に伝えていきましょう。

ノリをよくすること

あまりにも静かにしていると「大人しい人、つまらない人」だと思われてしまいます。ほどほどにノリを良くしつつ、緊張しているのもネタにしましょう。

ですが、「盛り上がってるからこれくらいなら大丈夫かも」などど下ネタなどを少しいれると、ドン引きされるなど大惨事になりかねません。

今は草食系男子も多いですので、肉食な部分はあまり出さないほうがいいでしょう。盛り上がりそうだからと自ら爆弾を投げ込む必要はありません。下品な発言はやめましょう。

興味のない人に対しても優しくする

合コン相手の男性の中には自慢話が大好きで自分をアピールしてくる人もいるでしょう。どんなに退屈でも退屈そうな姿は自分の意中の彼も見ています。

つまらないときにあからさまな態度をしていると、男性から「あの人は冷たい人なんだな」と思われてしまいます。

逆に場を盛り上げるのが苦手な男性に対して優しくフォローすることで、あなたの株も上がるでしょう。

お酒の強さをしっかりと知っておくこと

もしあなたがお酒に弱い場合は、合コンでお酒を飲むときは注意しましょう。男性は「一緒にお酒を楽しみたい」「お酒が弱くて飲み会で失敗しないか?」ということを非常に気にしています。

お酒に酔うのは、自分に好意を持っていると確信した男性の前だけにしましょう。

あなたに気がない男性からしたら女性が酔っ払っている姿は非常にみっともなく見えます。お酒にのまれるような女性と男性はまた飲みたいと思いません。

ちなみによく女性は「私ちょっと酔っちゃったみたい~」という発言は男性の気を引かせるのに効果的に想えますが、それは一夜限りの関係を繰り返すような軽い女にしか見えません。このようなセリフは男性も何度も聞いているので注意しましょう。

また、もし自分好みの人がいなくても、お酒でやり過ごすのはやめましょう。「あの人は酒癖が悪いんだな」と次から合コンに誘ってもらえなくなる可能性があります。

ちょっとオタクっぽいところも見せてみる

もしもあなたが何かにはまっていたり、はまりやすいタイプなら、それは長所になります。あまりにもオタクすぎると相手をドン引きさせてしまうかもしれませんが、少しくらいなら相手も何かにはまっていた場合は興味を持ってもらえるでしょう。

仕事の話をしない

相手の職業を聞くくらいであればいいのですが、その仕事がどんな内容なのか深く聞いてはいけません。合コンでは仕事の疲れを忘れて楽しみたいと考えています。それなのに仕事の話を根ほり葉ほり聞かれたら、現実に引き戻されてしまいテンションが駄々下がりになります。

珍しい職業ならどんな仕事なのか深く聞いてみるのもありかもしれませんが、相手は自分の仕事のことですので話し飽きています。そのため、なるべく控えるようにしましょう。

合コン終わりで注意しておきたい3つのこと

では合コンの1次会が終わったらそのまま解散にはなりません。合コンと言えば「お会計」や「お持ち帰り」がどうなるかというところです。

ここでは合コン終わりで注意しておきたい3つのことを説明します。

おごりは当たり前ではないということを把握しておく

合コンで男性と一緒だからといってお会計のすべてを男性が持ってくれるわけではありません。むしろ奢ってくれないことのほうが多いです。参加した合コンの男性が奢ってくれなくても「財布の紐がきつそう」「ケチくさい」などと相手のことを悪く言うのはやめましょう。

社会人男性だからと期待はしないようにしましょう。

「お持ち帰り」について自分の気持ちをはっきりさせる

合コンがお開きになったあとのお持ち帰り、アリなのかナシなのか自分の気持ちをはっきりさせましょう。初めての合コンで急に男性から誘われて誘われるがままついていって後で後悔するということを避けるために自分の気持ちをはっきりさせましょう。

もしも「今日はアリ」だと思っているのなら、それをさりげなく男性にも伝えて、意中の彼についていきましょう。

もしもナシならはっきりとお断りしましょう。それでも強引に誘ってくる場合は後で後悔する可能性大ですので、強い態度で対応しましょう。

合コン後のメールは焦らない

合コン後のメールはデートにつなげるための大切なものです。相手からメールが着たら返信は早めにしつつがっつくのはNGです。彼の仕事の邪魔にならないように程よく連絡を取れば、デートなどの約束にもつながりますので、余裕をもってメールを送りましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は初めての合コンでのポイントについてご紹介していきました。今回のポイントは普通のことじゃんと思う人もいるかもしれませんが、意外に難しいポイントだったりします。

合コンで失敗すると今後合コンに誘われなくなり、男性との出会いが減ってしまうかもしれません。

合コンで素敵な出会いができるようにポイントを意識して行動していきましょう。

関連記事として

合コンの自己紹介で好感度を上げよう!何をアピールすればいい?

合コン後のメール・LINEはいつ入れる?脈アリ・脈なしの返信の判断方法を紹介!

これらの記事も読んでみてください!