恋愛ごっこが始まる経緯は?その特徴と本気かどうかの確認方法を知ろう!

皆様は恋愛ごっこという言葉を聞いたことがありますか?恋愛ごっことは、いかにも恋愛しているようで、実は本気で好きになっている訳ではない遊びの恋愛のことを指します。この恋愛ごっこには、一応ルールというか定義みたいなものがあります。

例えば、恋愛の相手を好きになっているのではなく、恋愛をしている自分が好きだから恋愛という形をとる場合は恋愛ごっこと言えます。

それから、とにかく寂しいからという理由で、とりあえず愛の無い異性と付き合うパターンなども該当します。

恋愛ごっこを始めだす経緯

精神的な繋がりがあって、二人で築き上げてきた歴史もあるという男女のカップルや夫婦でも、やはり付き合いそのものが長くなりますと、異性として強く意識し合うことは困難になってくる場合があります。心の中では絆も信頼関係も在りますが、性的なマンネリ化やトキメキが減少するのは必然です。

もちろん、何十年も一生その相手にしか、異性感や性的な魅力を感じないという人も居るかも知れませんが、そんなケースは奇跡に近いほど少ないです。長く連れ添っている二人が、ある程度の大人になると、男女というより家族っぽい意識関係になるため、他の異性と恋愛ごっこをする人も出始めます。

恋愛ごっこの恋愛について

さて、皆様は本当の恋愛と疑似恋愛つまり恋愛ごっことの違いは、おわかりですよね?今現在、恋愛の真っ只中であるという人の中でも、案外その違いに気付いていない人が多く居ます。恋愛というものの定義すら、理解していない人も割りといらっしゃいます。しかしながら、恋愛に正解や方式はありません。

まず恋愛ごっこの「ごっこ」の意味ですが、これは何々になったつもりで遊ぶということを表しています。直訳しますと恋愛ごっことは、恋愛をしているつもりで遊んでいるという意味になります。それでは、恋愛ごっことは具体的にどういった心理状態であるのか、各々の特徴に分けてご説明していきます。

他人からの眼差しが最優先の恋愛

恋愛している本人の思いなどよりも、自分の恋愛を他人から見た場合、どのように思われているかを最優先する恋愛は恋愛ごっこと言えます。何故なら、普通の恋愛であれば他人から何と思われようと、自分達さえ愛し合っていれば、それでいいからです。他人からの眼差しや目線なども気になりません。

ですが、恋愛ごっこの恋愛は他人からの羨ましいといったような視線や、どう見られているかなどを気にするので、逆に他人からの眼差しが感じられなくなってきたら、恋愛もフェードアウト的に終わることも多いでしょう。その代わり、相手に対する愛情など皆無に等しいため別れも辛くありません。

将来のことなど何も考えていない

恋愛ごっこの特徴の一つとしまして、お互い将来のことなど話し合うこともなければ、考えることも全くないというのが挙げられます。本気の恋愛で夢中になって後先考えずといったケースとは大違いで、何かの間に合わせのような恋愛なので、先のことを考えて計画を立てたり行動する理由がありません。

恋愛ごっこをしている関係で、結婚という二文字を発することがあっても、結婚という言葉に酔っているだけなので、具体的に将来の話しを突き詰め合ったりすることはないでしょう。とりあえず、今さえ良ければいいという安易な感覚の恋愛です。ですが、真剣でないため先の不安を感じることもないです。

悲劇のヒロインになる傾向が強い

恋愛ごっこの恋愛中に、悲劇のヒロインであることを必要以上にアピールする人が居ます。真剣な恋愛をしていれば、大なり小なり何らかの軋轢や問題は必ず生じます。でも、これは相手を想う気持ちが深いからこそ発生するもので、本気の恋愛をする上で心が無傷のままいられるなど考えにくいほどです。

基本が全て自分中心なので、恋愛中の相手と衝突して悩んでいても、相手が一方的に悪いとしか実際に思っていません。友人や周りの人に相談にのってもらっても、いつまでも立ち直ろうとせず悲しんでいる人も、恋愛ごっこの真っ最中と言えます。悲劇のヒロインになっている自分が好きなんでしょうね。

既婚者の場合は殆どが恋愛ごっこ

既にパートナーが居る人の場合の恋愛は、その殆どが恋愛ごっこと言えるでしょう。確かにタイミングや相手によっては、本気の恋愛に移行することもあるかも知れません。ですが、既婚者の場合は人生のパートナーが既に居るので、精神的に余裕がある状況での恋人は恋愛ごっこの相手と言えます。

まず既婚男性の恋愛ごっこの場合は、大体が遊びの延長上であって、肉体関係のみのセフレ目的と言えるでしょう。一方で、既婚女性の場合は精神的な要求を満たしたいため、他の男性と恋愛ごっこをする傾向があると言えます。あと、既婚者同士の恋愛ごっこはセフレに近い不倫関係と変わりません。

とにかく自己中心的で勝手な恋愛

恋愛ごっこをしている人の大基本としまして、自分のことしか考えていない、自己中心的で勝手な言葉や行動を普通にするという特徴があります。簡素に例として挙げますと、連絡して返事がなかった時に何かあったのでは?と心配はせず、自分が連絡しているのに返事をして来ないなんて酷いと怒ります。

恋愛をしている自分が好きな、恋愛ごっこをしているだけですので相手の安否など、どうでもいいので主人公である自分に対する仕打ちが許せない気持ちしか存在しません。まさに恋に恋しているといった状態でしょうか。従いまして、そのまま別れることになっても悲しいといった感情などありません。

本気か恋愛ごっこかを確認

普通の恋愛というものは、男女のいずれかが相手に想いを抱いていて、告白して相手が受け入れてくれれば交際がスタートします。そして、受け入れた相手も好きだという気持ちになって、相思相愛になる形が恋愛です。恋愛ごっこの場合は、そのプロセス自体が無いことのほうが多いでしょう。

傍目から見れば、男女が仲良く手を繋いで歩く姿はデートをしていると捉えます。でも実際、その男女の関係性までは見えません。恋人なのか不倫相手なのか分別もつきません。しかし、今の恋愛に対する自身の心は分別が必要です。恋愛ごっこなのか否か自身で確認する方法をご説明致します。

見て計る恋愛ごっこと本気の違い

自分は恋愛しているつもりでも、相手が恋愛ごっこをしている場合があります。その時にハッキリさせたい場合、恋愛ごっこか本気かを計る方法があります。それは、こちら側の意見や話しをキチンと聞いてくれる姿勢があるか否かを見極めることです。聞き入れる姿勢があると感じれば本気です。

ですが、こちらの意見に関しては何かハッキリしないんですが、相手側の意見は強く通してくる場合は恋愛ごっこと判断していいでしょう。こちらの意見を適当に受け流さず、聞き入れてくれているようであれば、自分のことを想ってくれていると実感するはずなので、その場合は本気の恋愛です。

寂しさを埋めるだけの恋愛か否か

意外と現在でも、寂しいからという理由で心の穴を埋めるためだけに、異性と付き合うという人が存在しています。しかも、独身女性は不倫だと分かっていても、既婚男性と恋愛することがあります。でも、残念ながら寂しさを紛らわすことで始まった不倫関係が、発展した例を聞いたことがありません。

もちろん、どちらか片方に最初は配偶者が居る状態で始まった恋愛でも、結果的に色んな問題を乗り越えて幸せになったケースはあります。その場合は本気の恋ですので間違いないですが、ただ寂しさを埋めるだけの空っぽな不倫の恋愛で納得しているのなら、自己満足の恋愛ごっこと言えるでしょう。

傷つかない恋愛を選んでいないか

今までの人生において、心が千切れそうなほど苦しい恋愛と別離の経験をした人の中で、自分の心が傷つかない恋愛をするケースがあります。そのような恋愛をする場合は、やはり自分が傷つかない相手を選んで恋愛するしかありません。そうなれば、必然的に愛人や2番手のようなポジションでの恋愛ということになるでしょう。

要するに、本命が居ることを承知の上での恋愛です。イザという時は本命の元に戻る人だと思いながら恋愛すれば、確かに傷つかなくて済むかも知れません。それはそれで愛があると言う人も居ますが、それは不倫と何ら変わりのない中身の無い空っぽの恋愛でございます。つまり、恋のママゴトで只の恋愛ごっこでしかありません。

恋愛ごっこから本当の恋への合図

最初は、自己都合の恋愛ごっこだと確信していた恋愛でも、場合によっては本当の恋に発展することも実際にあります。おそらく、自身でも何かしら心の変化を感じるはずです。例えば、以前までは相手とデートした後の別れ際それほど切なくならなかったのに、何故か最近、もう少し一緒に居ようよと言ったりする自分が居たりします。

他にも、メールやLINEの回数が増えてきたり、文章の内容が具体的な報告などになったりと、相手への関心度が明らかに変わってきます。これまで、用事や会う前日ぐらいにしか連絡などしなかったのに、とりあえず何かあるたびに相手に伝えたくなってきたなら、これは恋愛ごっこから本気の恋愛モードに移行したと言えます。

まとめ

今回は、恋愛ごっこについての云々を記述させて頂きました。ご覧になられて、思い当たる部分はございませんでしたでしょうか?恋愛に定義や方程式みたいなものは存在しませんが、鬼ごっこと同じニュアンスで呼ばれる恋愛ごっこという名の通り、安っぽい恋愛ならしないほうがマシでしょうね。

恋愛とは、男女が同じぐらいのボルテージで愛し合って、想いや心を寄せ合うことです。決して、愛する気持ちが一方通行になったり、別の思惑があったり、損得勘定で相手を計ったりしても恋愛とは言えません。その一つでも存在すれば、恋愛ごっこと呼ばれる無価値なものでしかないと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする