香水をつける場所は体のどの部位がいい?つける際の注意点も紹介!

男女問わず、一度は「香水」を付けたことがあるかと思います。その場面は様々ですが、普段から気分を上げるために日常的につける人もいれば、ここぞという時の勝負の場面でつける人も多いのではないでしょうか?

しかし、付ける位置や量、種類によっては、つけすぎて香りが強くなりすぎてしまって、かえって周りに不快な思いをさせてしまうこともあります。香りには好みもありますし、香水を付ける季節やシーンによって使い分けることも可能です。

今回は香水のつける場所や選び方をご紹介していきますので、マスターしましょう!

香水の種類

香水の種類を意識して購入することは少ないかと思います。

大体は好きな香りを選んでつけるかと思いますが、香水の種類には大きく分けて4つありますので、濃度の濃い順番にご紹介していきます。

パルファム

パルファムの特徴は、基本的に香りが非常に強いことです。濃度は15~25%と4つの中でも一番濃く、持続時間も5~12時間と長いことが特徴です。

つけ方のポイントは、1滴だけを落とすような感覚で、小さな点に薄く伸ばすように付けると程よく香りを抑えることができます。使用シーンも、普段使いではなくパーティなどの華やかな場所がオススメです。

オードトワレ

オードトワレの特徴は、ほんのりと香るところです。ですので、普段づかいや職場での使用や、香水初心者のかたにおすすめです。濃度は5~10%、付けてからの香りの持続時間は3~4時間です。

つけ方のポイントとして、1~2滴ほどの量を薄く伸ばすような感じで線を描くようにしてつけます。ほんのり香る持続性の短い種類ですので、物足りなく感じでつけすぎてしまうこともあります。それではオードトワレの良さがなくなってしまいますので、つけすぎに注意しましょう。

オードパルファム

オードパルファムの特徴は、あらかじめ濃度を低く設定し、使いやすく、そしてお手頃な価格設定になっていることが多いです。種類も豊富ですので、選びやすく、3種類のなかでは一番人気があるタイプとなります。

濃度は10~15%、持続時間は5~7時間です。「eau de parfum」の頭文字をとって「EDP」と表記されることもありますので、この場合は「オードパルファム」と覚えましょう。付け方は、オードトワレ同様に、線を描き伸ばすようにつけますが、量は少し多めの1~3滴で調節してみましょう。

オーデコロン

オーデコロンの特徴としまして、気軽につけられるということです。濃度は2~5%と3種類の中で最も低く、持続時間も1時間と短いことも特徴です。オーデコロンはもっとも香りが薄く、メンズの香水ではほとんどみかけません。

まったりとした香りよりも爽やかな香りが多く、気分転換したいときや、お風呂上りなどサッとつけることもおすすめです。

◆「オーデ」や「オード」と名前についた場合は、濃度が低くなっていますので自然と香りも薄めになります。

そして、これらの分類分けは「薬事法」で定められているものではありません。メーカーやブランドが各自で分類を決めているため、買うメーカーやブランドによっては同じ種類でも濃度にバラつきがみられることもあります。購入の際には実際に手に付けて確かめると安心です。

香水をつける前の注意点

お気に入りの香水を見つけたら、さっそく付けてみる人も多いでしょう。香水本来の香りの良さを引き出すためにも、いくつかの注意点がありますので、チェックしてくださいね。

1.体を清潔に

香水をつける前に体を清潔にしていることが大前提です。香水の香りはその成分によっては、皮脂や体温で香りが変わってしまったり、かえって臭い匂いを放ってしまうこともあります。つける前にはシャワーを浴びておくと安心です。

よく、香水を制汗剤の代わりとして使う人もいますが、香水にはデオドラント成分は含まれていませんし、付ける場所も脇などの汗が出やすい部分に付けるようなことはしませんので間違えないようにしましょう。

2.香水をつけるタイミング

香水をつけるタイミングは、待ち合わせの大体30~1時間前に付けると効果的です。香水には「ノート」といって3段階で香りが変わる性質があります。

【トップノート】つけたすぐの香りのことをいいます。揮発性の高い成分の香りは(柑橘系など)真っ先に香ります。そして香水に含まれるアルコールがまだ十分に飛ばされていない可能性のある段階ですので、香水本来の香りとは違う場合があります。この段階の香りは約10分ほど続きますが、後に香りが重たくならない為にも、薄く感じてもそのままにしておき、重ね塗りはしないようにしましょう。

【ミドルノート】付けてから30~1時間たったころの香りです。このミドルノートの段階が一番、本来の香水の香りに近く、安定して3時間くらい持続します。綺麗な香りを漂わせる時間から「ハートノート」ともいわれています。

【ラストノート】最後に香る香りですので「ラストノート」です。ずっしりとした香り成分だけが残ります。種類にもよりますが、フローラル系の香りは、トップノートからこのラストノートまでの時間は約12時間ほどあり、ウッディ系の香りは、24時間ほど香りが続くこともあります。

このように香水に含まれる香りの成分によって、自分が一番好きな香りの時間が変わってきます。また、人によっては体温も汗や皮脂の分泌の状態も違いますので、同じ香水をつけていても違う香りに感じることもあります。

皮脂がでやすく、汗をかきやすい人のほうが、香りが強く現れる傾向にあり、体温が低く汗をかきにくい人は、トップノートの段階からミドルノートの段階へと変化する時間が早いといわれています。ですので、基本的に女性よりも体温が高く汗をかきやすい傾向にある男性の方が強く香るということになります。男性の方はつけすぎに注意しましょう。

3.直接肌につける

服などの衣類につかないように注意しましょう。香水は肌に直接つけることが大原則です。肌に香りをのせることで、その人の体温や体質に合わせて変わっていく香りを楽しむことが香水の醍醐味ですので、衣類にはつけないようにしましょう。

また、衣類についてしまうと、成分によってはシミになってしまったり、アウターなどこまめに選択しない衣類は酸化した香りが重なって、臭うことがあります。

効果的な香水のつけ方

香水のつける注意点についてマスターしたら、次は効果的に香水の香りを楽しんだり、演出したりする方法をお伝えしていきます。

おすすめの部位がいくつかありますのでチェックしてみてくださいね。

手首

おそらく一番つける人が多い箇所だと思います。よく、右手首と左手首をこすり合わせてつける人がいますが、こすってしまうと香水のいい香りが飛んでしまいますのでオススメできません。

手首につけるときには左右の手首の血管の上に1滴づつつけるのがいいでしょう。物足りなく感じるかもしれませんが、つけすぎ注意です。

耳の後ろ

良く見る光景は、手首にすり合わせてつけた後に首や耳の後ろに付けている姿ではないでしょうか。このこすり合わせるつけ方は、先ほどもいいましたがいい香りが飛んでしまうためオススメできません。

ですが、場所としては大きな血管が通る部分ですのでオススメです。香水はこういった血管が通る位置につけるのが効果的とされています。特に耳の後ろは、日光にさらされることも少なく、香りの劣化を防ぎ、さらに体温の高い場所はアルコールなどの揮発成分が飛びやすのです。つけ方は、直接スプレーするのではなく、指先につけた後にチョンっと耳の後ろやうなじにつけるようにしましょう。

胸の谷間は、温度の高い場所で周囲の鼻が近い部分になりますので、香りをより漂わせたいときにお勧めです。

その反面、香りすぎてしまうためつけすぎないようにすることと、汗をかかない涼しい時期だけにしましょう。

腰周辺は暑い時期でない限り、汗をかかない場所であるため、秋冬などにほのかに香らせたい時にお勧めです。動くたびにさりげなく香りますので、普段使いや、奥ゆかしい女性らしさを引き立てたい時にオススメです。

つけ方は、服を着ていない状態で腰から30センチほど離してスプレーするとよりさりげなくほのかに香らせることができます。

太ももの内側や膝のうら、足首

人は足もとに行くほど体温が低い傾向にあります。香りを持続させるのによい場所です。そして、香りは時間を追うごとに上へと移動する特徴がありますので、心地よく香らせたいときに丁度いい部分です。

太ももの内側はデリケートな箇所ですので、お肌が敏感は方は避けるか、パッチテストをしておくと安心です。

春夏秋冬での香水のつけ方

基本的には上記の通りですが、季節によってもつけ方を変えるとより効果的ですのでご紹介していきます。

春は乾燥しやすく、香りが長続きしないことも多いのです。花粉などの影響で香りを感じにくい傾向もありますので、少し多めに付けても大丈夫です。早めにつけ直すと更にいいでしょう。

付ける場所に注意してください。蒸れやすい箇所や汗の出やすい場所は避け、手首や足首などの部分に少量を意識して付けてください。夏は暑いので、香りがキツく感じますので少な目を意識しましょう。

秋は一番香りが楽しみやすい季節といえます。普通に付けても大丈夫ですし、夏には避けていた重ための秋を感じるような香りもオススメです。

夏とは真逆の季節ですので、少し多めにつけても大丈夫ですし、胸元や腰に付けてもふんわりと香りますのでオススメです。

まとめ

香水のつけたかについてお話してきました。香水を普段つけない人も、香水の奥深さを知ると早速つけたくなりますよね。強い香りは抵抗があるものの、腰や足首などの部分であれば1滴だけ、気分転換につけてみると、より豊かな日常を過ごせるのではないでしょうか。

香りに好みはあるといえど、服装やシーンに合わせて使うことで、香りも洋服と同じようにコーディネートできるので、周囲を楽しませることもできますね。